メモ

小学1年生の女の子がサンタに願ったプレゼントが切ない

by Anderson W Rangel

クリスマスといえば1年に1度サンタクロースからプレゼントがもらえる日ということで、子どもの頃にはずっとほしかったオモチャやゲームなどをおねだりした経験があるという人も多いはず。しかし、ある学校でサンタクロース宛てにプレゼントをおねだりする手紙を生徒に書かせたところ、小学校1年生の女の子がお人形さんやオモチャではなく生活必需品をお願いしていることが見つかり、ちょっとした話題となっています。

First Grader's Letter to Santa Sparks School-Wide Blanket Drive
http://www.krgv.com/story/37080252/first-graders-letter-to-santa-sparks-school-wide-blanket-drive

アメリカ・テキサス州のエディンバーグにあるモンテクリスト小学校で、ある生徒が生活必需品をクリスマスプレゼントにお願いしていることが見つかり、そこから街全体で小学校への寄付が行われるというちょっとしたムーブメントが起きています。モンテクリスト小学校では、行事の一環として生徒たちに「サンタクロースに欲しいものをお願いするための手紙」を書かせたそうです。

その中で、小学1年生の少女がボールと食べ物、そして毛布が欲しいという手紙を書きました。


この手紙を書いたのは、小学1年生のクリスタル・パチェコちゃんで、彼女の担任教師を務めているルース・エスピリクエタさんが手紙を見つけました。エスピリクエタさんは自身のFacebookアカウント上で手紙を公開しており、「この手紙は私をとても悲しい気持ちにさせました。あなたの生徒がクリスマスにオモチャの代わりに食べ物や毛布、ベッドなどをほしがっていたらどうでしょう」というコメントも投稿しています。


この出来事はアメリカのリオ・グランデ・バレーのローカルニュース番組であるKRGV CHANNEL 5 NEWSでも取り上げられています。

Community Bands Together to Grant Christmas Wish to Students



彼女が手紙を書いたパチェコちゃん


手紙の最後には「Crystal Pacheco(クリスタル・パチェコ)」と、しっかり名前が記されています。


メチャクチャファンシーな装いで登場したパチェコちゃんの担任であるエスピリクエタさんは、「彼女が毛布を頼んだ時、私は本当にショックでした。また、この手紙は子どもたちの中には夜を暖かくして過ごせていない子がいることを気づかせてくれました」と語っています。


エスピリクエタさんのFacebookへの投稿から、パチェコちゃんの手紙は広く知られるようになり、モンテクリスト小学校には寄付金が送られていくようになったそうです。学校はこの寄付金をもとに生徒に毛布を配布することを決めます。


毛布やその他の日用品を子どもたちに寄付したというクリスティーナ・ロドリゲスさんは、モンテクリスト小学校の卒業生であり、「小学生たちが十分な毛布や食べ物を得られていないことを知り、私はショックでした」と語っています。


エスピリクエタさんがパチェコちゃんの母親に手紙のことを打ち明けたところ、「娘は兄のことを思って手紙を書いたのだと思います。娘に聞いたところ、兄とボールで遊びたいと語っており、食べ物は家で食べ物を食べるため、毛布は家の中が寒いから要求したのだと思います」という返答があったそうです。


なお、パチェコちゃんの手紙からスタートした寄付により、モンテクリスト小学校には615枚の毛布が寄付されたそうで、パチェコちゃんは「プレゼントをありがとうございます」とサンタクロースに宛てたメッセージを読んでいます。

・関連記事
9歳の少年がクリスマスプレゼントのXboxを諦めてホームレスに毛布を寄付したところ、本物のサンタからプレゼントをゲット - GIGAZINE

クリスマスを殲滅すべくダース・ベイダーが破壊行為を繰り返すムービー「Darth Santa」 - GIGAZINE

サンタクロース姿のおとり捜査員、シチリアンマフィアを逮捕 - GIGAZINE

フランスの警察がサンタにプレゼントを頼む手紙を出す - GIGAZINE

アフガニスタンでタリバンに砲弾をプレゼントするサンタさんたち - GIGAZINE

セクシーでグラマーなサンタさんの写真いろいろ - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by logu_ii