iOS 11のオートコレクト機能に「is」を「I.S」、「it」を「I.T」と修正してしまう不具合


2017年9月にリリースされたiOS 11で、オートコレクト機能の不具合が複数のユーザーから報告されています。その内容は「is」と入力しようとすると「I.S」に、「it」と入力しようとすると「I.T」になってしまうというもので、入力頻度の高い単語であることから大きな不満を呼んでいます。

Hundreds of iPhone Users Complain About the Word 'It' Autocorrecting to 'I.T' on iOS 11 and Later - Mac Rumors
https://www.macrumors.com/2017/11/27/ios-11-autocorrect-issue-it-to-i-t/


Sean James氏(@Sean_w_924)はTwitterに「it」の変換候補として「I.T」が出てくる画像を公開しています。


また、Pocket Tim氏はYouTubeに、不具合が何度も発生する様子を公開しています。

iOS 11 Autocorrect Bug - YouTube


まず設定でオートコレクト(Auto-Correction)がオンになっているのを確認。


ユーザ辞書(Text Replacement)にはなにも入力されていません。


この状態で「Is」とテキスト入力すると「I.S」に変換されてしまいます。


「That is」という普通の文章を打っても「That I.S」に……。


「thst」というタイプミスは正しく「that」に修正されます。


先ほどは使っていなかったユーザ辞書に「is」を登録。


同様に「Is」も登録します。


それでも「I.S」が出てくるのでした……。


そもそもiOS 11には「i」が「A[?]」に変換されるという不具合があり、iOS 11.1.1で修正されたのですが、「it」や「is」の不具合は残ってしまったようです。

なお、手元のiPhone X(iOS 11.1.1)では再現されませんでした。

・関連記事
iOS 11新機能レビュー、地味だけど頻繁に使う機能がパワーアップしてより便利に進化 - GIGAZINE

iOS 11にアップデートしたらすぐに設定するべき7つのセッティング - GIGAZINE

古いiPhoneでiOS 11をサクサク動かすために設定すべき8つのセッティング - GIGAZINE

iOS 11はiOS 10に比べてバッテリーの減りが早いということが報告される - GIGAZINE

iOS 11のコントロールセンターでWi-FiとBluetoothをオフにしても完全に無効にすることはできない - GIGAZINE

iOS 11では画像・動画フォーマットに「HEIF/HEVC」が導入されファイル容量が最大50%削減へ - GIGAZINE

74

in モバイル,   ソフトウェア,   動画, Posted by logc_nt