「独身の日」に中国のアリババが仕掛けたオンラインショッピングイベントの取引総額が3兆円弱に到達


毎年11月11日の「独身の日(Singles' Day)」に合わせてセールを行っているアリババが、2017年11月11日も「2017天猫双 全球狂欢节」という一大セールを開催。取引総額が1682億元(約2兆8700億円)に上ったことがわかりました。

Alibaba Group Generated US$25.3 Billion (RMB168.2 Billion) of GMV During the 2017 11.11 Global Shopping Festival
http://www.alibabagroup.com/en/news/article?news=p171112


Alibaba 2017 11.11 Global Shopping Festival: Media Resources | Alizila.com
http://www.alizila.com/alibaba-2017-11-11-global-shopping-festival-media-resources/

Alibaba's Singles Day brought in $25 billion in China
http://mashable.com/2017/11/12/singles-day-alibaba-2017/

「独身の日」はアリババが行う世界的な「ショッピング・フェスティバル」。2009年に開始した当時は、オンラインショッピングそのものの価値観を高めるために加盟店・消費者向けのイベントとしてスタートし、参加したお店は27の加盟店のみでしたが、2016年は10万を超えるブランドや個人が出店。2017年の出店数は14万件以上だったとのこと。

アリババの決済サービス・Alipayを通じた取引総額は1682億元。2016年と比べて39%増加していて、全体の90%以上がモバイル決済でした。Alipayが処理した決済の件数は14億8000万回で、ピーク時には1秒間で25万6000件の決済が行われました。

セールの前夜には「2017天猫双十一晩会」と呼ばれるイベントも開催され、女優のニコール・キッドマンやチャン・ツィイー、歌手のファレル・ウィリアムスらが登壇しています。

ちなみに、Amazonによる年に1度の大セール「Amazonプライムデー」の2017年の売上は2000億円以上だったとのこと。出店者を集めてのイベントであるアリババとは一概に比較できませんが、いずれのイベントも年々規模が大きくなっているのは確かで、来年以降の進化が気になるところです。

・関連記事
巨大市場中国を完全制覇するアリババの多彩なサービスをまとめるとこうなる - GIGAZINE

アリババのIPOがYahoo!の未来に与えるのは光なのか闇なのか? - GIGAZINE

カメラに向かってほほ笑むだけで支払いOKな「Smile to Pay」が中国のケンタッキーフライドチキンに登場 - GIGAZINE

65

in ネットサービス, Posted by logc_nt