ハードウェア

Googleとリーバイスが共同開発するスマートジャケットの価格&発売時期が判明、端末の内容も明らかに


ジーンズメーカー大手であるLevi's(リーバイス)とGoogleのATAPチームが共同開発しているスマートジャケット「Levi's Commuter Trucker Jacket」の発売時期と価格がSXSW 2017で明らかにされました。「Levi's Commuter Trucker Jacket」はサイクリストとの相性が抜群です。

Commuter x Google Jacquard | Smart Wear Clothing | Levi's®
http://www.levi.com/US/en_US/features/levi-commuter-xgoogle-jacquard/

「Levi's Commuter Trucker Jacket」がどのようなジャケットなのかは、以下の記事を見ればよく分かります。

Googleとリーバイスが作った「スマホを操作できるデニムジャケット」が2017年春に発売予定 - GIGAZINE


ATAPチームの「Project Jacquard」とリーバイスによる共同開発プロジェクトであることが2016年のGoogle I/Oで発表されていたスマートジャケット「Levi's Commuter Trucker Jacket」ですが、発売時期は2017年春としかアナウンスされていませんでした。しかし、SXSW 2017で開催されたリーバイスのポール・ディリンジャー氏とATAPのイヴァン・プープラフ氏のトークセッションで、価格が350ドル(約4万円)で2017年秋に発売される事が明らかにされました。

EngadgetはプロトタイプのLevi's Commuter Trucker Jacketを試着して、操作の方法などをムービーで公開しています。

The Levi's Commuter smart jacket has a ton of promise
https://www.engadget.com/2017/03/12/levis-google-commuter-smart-jacket-first-look/

Levi's Commuter Trucker Jacketはスマートフォンの専用アプリを使って連携させるようです。


袖の端末は脱着可能。袖に入れられた切り込みに端末の先端を挿し込んで……


ボタンでパチっと固定します。


LEDで接続を知らせます。


端末はUSBで充電でき、ボタン部分にも端子が確認できます。


この端末が1つあれば、リーバイスのジャケットすべてをウェアラブル端末にする、という使い方もできそうです。


スマートフォンとのペアリングはBluetoothで行うようです。


着心地は、素のLevi's Commuterと変わらない模様。


専用アプリにはスワイプやダブルタップなどのタッチ操作が表示されています。


タッチ操作はカスタマイズすることができます。

・関連記事
Googleとリーバイスが作った「スマホを操作できるデニムジャケット」が2017年春に発売予定 - GIGAZINE

布地にセンサーを織り込むGoogle新プロジェクト「Project Jacquard」がよくわかるムービー - GIGAZINE

人間の皮膚を巨大なタッチパッドに変える新インターフェース「SkinTrack」 - GIGAZINE

スマホから操作して足を温めたりヒールの高さを調節したりできる「スマートハイヒール」が登場 - GIGAZINE

「服は買わずにダウンロードして3Dプリンターで印刷」という時代が現実のものに - GIGAZINE

ジーンズの発祥から日本での歴史が一目でわかる「日本のジーンズの歴史」 - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア,   動画, Posted by logv_to