×
ソフトウェア

MicrosoftもEdgeでのFlash排除、自動再生をブロックへ


Google Chrome、Firefox、Safariなどの主要ブラウザがAdobe Flashをデフォルト設定で無効化し、Flash排除の流れができている中で、Windows 10の標準ブラウザ「Microsoft Edge」もついに「Flash自動再生のデフォルトOFF」の方針を発表しました。

Extending User Control of Flash with Click-to-Run - Microsoft Edge Dev BlogMicrosoft Edge Dev Blog
https://blogs.windows.com/msedgedev/2016/12/14/edge-flash-click-run/

MicrosoftはブラウザEdgeでHTML5を中心とする方針を打ち出し、すでにWindows 10のAnniversary Update以降のバージョンでは、Flashの自動再生を一部のコンテンツに制限していました。しかし、2016年12月14日に、EdgeにおけるすべてのFlashコンテンツの自動再生をOFFにすることを発表。Flashブロックの姿勢をさらに一歩進めることになりました。

今後は、Flashコンテンツを利用するページでは、最初にFlashを再生するかどうかを選択するように促されます。なお、ユーザーの判断でFlashの自動再生をONにすることは可能です。


MicrosoftはHTML5の導入によって、アニメーションやリッチコンテンツへのFlashの必要性が薄れたとして、HTML5への移行を強力に推し進めています。多くの脆弱性を抱えるFlashを排除してHTML5への移行を進めるのはChromeなどの他のブラウザも同様で、Flash排除の流れは決定的なものになっています。なお、Flashのデフォルト状態での自動再生OFFのEdgeは、Windows Insidersプログラムでプレビュー版が近日登場、2017年初頭にリリースされるWindows 10の大型アップデート「Windows 10 Creator’s Update」で採用される予定です。

・関連記事
Google Chromeの「Flash排除」の動きがさらに前進 - GIGAZINE

FirefoxがFlashを段階的に排除、2017年にはデフォルトで無効にすると発表 - GIGAZINE

次期「Safari 10」では最初からAdobe Flashが無効化される - GIGAZINE

Flash停止がついにChromeでデフォルトの初期設定になり再生ブロックされることが決定 - GIGAZINE

Adobeが「Flashを使うのをやめよう」ということで名前をFlash Professionalから「Adobe Animate CC」に - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logv_to