ソフトウェア

iOSアプリをWindowsに簡単に移植できる「Windows Bridge for iOS」

by Keng Susumpow

Microsoftのイベント・Build 2015でデモンストレーション実演が行われたWindows 10へiOS向けのアプリを簡単に移植できる「Project Islandwood」こと「Windows Bridge for iOS」の初期バージョンがリリースされました。

Windows Bridge for iOS: Let’s open this up | Building Apps for Windows
http://blogs.windows.com/buildingapps/2015/08/06/windows-bridge-for-ios-lets-open-this-up/


Open Sourcing the Windows Bridge for iOS | Building Apps for Windows
http://blogs.windows.com/buildingapps/2015/08/06/open-sourcing-the-windows-bridge-for-ios/


Microsoft/WinObjC · GitHub
https://github.com/Microsoft/WinObjC/


「Windows Bridge for iOS」(WinObjC)はMicrosoftによるオープンソースプロジェクト。Visual StudioでiOSアプリの開発言語であるObjective-Cをサポートするものです。

なお、「iOS向けアプリがWindowsで動く」というのも1つの成果ですが、iOSアプリ開発者が既存のコードや知識をできるだけ活用して素晴らしいWindowsアプリケーションを開発してくれることを目標としているとのこと。

WinObjCを使うために必要なのはWindows 10とVisual Studio 2015

ちなみに、Build 2015で同じく発表された「Windows Bridge for web apps」(Project Westminster)の動作環境もWindows 10+Visual Studio 2015となっています。

AndroidアプリをWindows向けに簡単に移植できる「Windows Bridge for Android」(Project Astoria)もありますが、現時点では招待ユーザーのみが利用できるテクニカルプレビュー版だとのこと。毎週、複数の開発者が招待されていて、秋ごろにベータ版のリリースが予定されています。

・関連記事
Windows 10へAndroid/iOS向けのアプリを簡単に移植できることが明らかに - GIGAZINE

Androidを上書きする「Windows 10」のカスタムROMをMicrosoftが開発中、スマホ勢力図が激変する可能性 - GIGAZINE

Microsoftが車載向けに「Windows in the Car」を開発していることを発表 - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by logc_nt