ムービー

オスプレイのように変形してどこにでもコンピューター制御で全自動飛行可能な未来の自動車「TF-X」


滑走路なしで離着陸可能な、垂直離着陸型の空飛ぶ自動車「TF-X」をTerrafugiaが発表しました。その存在は2013年の時点に明らかになっていましたでしたが、いよいよあと実現まで10年前後というところまでこぎ着けたとのこと。

Welcome | Terrafugia
http://www.terrafugia.com/

完成時のイメージ映像はこんな感じ。

The Terrafugia TF-X™ - YouTube


ガレージから姿を見せたのがTF-X


クルマといえばクルマですが、さすがにこのまま飛ぶのは難しそうな形状。


道路があるところなら走っていけばOK。


飛行時に滑走路は不要。


折りたたまれた翼のような部分が開き……


筒状に折りたたまれたプロペラが出現。この変形はオスプレイ(V-22)っぽい感じ。


飛行準備が完了、プロペラが回りTF-Xがふわっと宙に浮かびました。


巡航速度は時速200マイル(約322km)だとのこと。海兵隊に配備されている輸送型オスプレイ(MV-22B)の巡航速度は時速446kmなのでそれに比べれば遅いですが、新幹線の最高速度が現在時速320kmであることを考えると、恐るべきスピードです。これを操縦するのは大変そうだと思いきや、目的地を告げればあとは全自動で操縦してくれます。


航続距離は500kmならぬ500マイル(約805km)なので、東京~大阪間を新幹線よりも速く移動できるということに……。


着陸時ももちろん滑走路は不要。到着したらプロペラを格納し……


自動車モードに変形。


あとは目的地まで走って行けばOK。


このムービーはCGで作られていますが、Terrafugiaでは実際に10分の1サイズのモデルを使って風洞実験に着手しているとのこと。実機が完成するまでにはもうちょっと時間が必要で、だいたい8年から12年後ぐらいには登場予定だそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
空飛ぶ自動車「AEROMOBIL 2.5」の開発がスロバキアでも進行中 - GIGAZINE

「大空を埋め尽くすパンツの群れ」実体化、「空飛ぶパンツ」一斉飛行セッション in 空フェス! - GIGAZINE

家に風船をつけて「カールじいさんの空飛ぶ家」を現実に再現してしまった人たち - GIGAZINE

in 乗り物,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.