まさにスーパーセグウェイ、GMとセグウェイが共同開発した2人乗りの小型二輪電気自動車「P.U.M.A.(プーマ)」の走行ムービー


セグウェイと大手自動車メーカー・ゼネラルモーターズが4月10日(金)から始まるニューヨークで披露する予定になっているのがプロジェクト「P.U.M.A.(Personal Urban Mobility and Accessibility:プーマ)」と呼ばれる二人乗りの電気自動車(二輪車)。都市間交通の足として使われることを想定しているようで、最高速度は時速35マイル(56km)。1度の充電で1時間ぐらい走れるそうです。今、多くの都市では交通の集中によって渋滞や駐車場所の確保が難しくなっており、何かしらの解決策が求められていますが、ひょっとするとこのプーマが一つの答えになるのかもしれません。

詳細は以下から。
GM and Segway working on new balancing two-wheeler P.U.M.A. project

見た目はちょっとセグウェイっぽくはありませんが、四輪車ではなく二輪車なあたりがセグウェイ。


ムービーはこんな感じ。
YouTube - Project P.U.M.A. (HD)



プーマを軽快に走らせる男性。


今度は別のロケーション。街中で見ると相当小型であることがわかります。


そして駐車。


停車しているときは前の補助二輪を使っての四輪。走り出す前にこの二輪を引き上げて、セグウェイらしく二輪で走っていくようです。


二人乗りもオッケー。


かなり注目を浴びています。


最高速度が60kmということでそれほど早くはありませんが、ちょっとした買い物に出かけるぐらいならちょうどよいかもしれません。車よりは小型なので駐車スペースは小さくて済みそうですが、果たして普及までたどり着くのでしょうか。

・関連記事
あのセグウェイを身近な材料で自作する - GIGAZINE

セグウェイの発明者が開発した「思い通りに動くロボット義手」の動作ムービー - GIGAZINE

自動車業界全体の複雑な関係が一発でわかる図 - GIGAZINE

2018年に完全自動運転で運転手不要の自動車が販売予定 - GIGAZINE

シカゴ警察は「セグウェイ 警察専用モデル」でパトロール - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by logc_nt