ムービー

アカデミー受賞者が勢ぞろいしたスティーブ・ジョブズの伝記映画「Steve Jobs」予告編


2011年に惜しまれつつ世を去ったAppleのスティーブ・ジョブズの半生を描く映画「Steve Jobs」の最新予告編が公開されました。2013年にもジョブズ氏の伝記映画「スティーブ・ジョブズ」が公開されましたが、今作はジョブズ本人から執筆を頼まれたというウォルター・アイザック氏が著したベストセラー伝記を映像化した作品で、監督に「スラムドッグ$ミリオネア」で監督賞や作品賞を受賞したダニー・ボイル、脚本に「ソーシャル・ネットワーク」を手がけたアーロン・ソーキンを迎えるなど豪華顔ぶれになっています。

STEVE JOBS Trailer Reveals Michael Fassbender as Apple Innovator - YouTube


大舞台を見つめる1人の男性。


監督をダニー・ボイル、脚本をアーロン・ソーキンというアカデミー賞受賞経験のある豪華製作陣が務めます。


「20世紀最大のイベントが後2つ」


「ミュージシャンは楽器を奏でる。私はオーケストラを指揮するんだ」


「あなたはコードを書けない。エンジニアでもない。一体何ができるというのですか?」


「僕と同じように世界を見ているのはあなただけです」


すさまじい拍手とフラッシュを浴びながらジョブズがステージに向かいます。


ジョブズを演じるのは、映画「それでも夜は明ける」でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされたマイケル・ファスベンダー


Macintoshのマーケティング担当だったジョアンナ・ホフマンは、ケイト・ウィンスレットが演じます。


ジョブズと共にAppleの創設に携わったスティーブ・ウォズニアックを演じるのは、サイバーテロで話題になった映画「ザ・インタビュー」の監督兼主演であるセス・ローゲン


ペプシコーラからジョブズに引き抜かれたAppleの元社長であるジョン・スカリーは名優ジェフ・ダニエルズが演じます。


大観衆にスタンディングオベーションで迎えられるジョブズ。


映画「Steve Jobs」は2015年10月8日からアメリカで公開される予定です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
ジョブズは「ネットをするために人々はコンピューターを買う」と1985年に予言していた - GIGAZINE

ジョブズの新しいドキュメンタリー本「Becoming Steve Jobs」が3月24日出版予定 - GIGAZINE

ジョブズがMicrosoft開発者イベントで行った貴重なプレゼンテーション映像 - GIGAZINE

ジョブズのメールが示すハードな交渉のやり方と勝ち方 - GIGAZINE

ジョブズの最期の言葉など、Appleについてあなたが知らない11のこと - GIGAZINE

「ジョブズの映画は間違っているところがたくさんある」とAppleの共同創設者ウォズニアック氏が指摘 - GIGAZINE

in 動画,   映画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.