ハリポタシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」続編制作と公開時期が早くも決定


ハリー・ポッターシリーズの新作映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」は、日本では2016年11月23日の公開が決定しています。映画の公開前に、ワーナー・ブラザースが早くも続編の制作決定を発表していて、続編の公開予定日は2年後の2018年11月16日となっています。

"Fantastic Beasts" #2 Underway | WarnerBros.com
http://www.warnerbros.com/blogs/2016/08/03/fantastic-beasts-2-underway

'Fantastic Beasts and Where to Find Them' Sequel Release Date | Hollywood Reporter
http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/fantastic-beasts-find-sequel-release-916818


Fantastic Beasts Sequel Coming in 2018
http://www.slashfilm.com/fantastic-beasts-sequel/


ワーナー・ブラザースの発表によれば、続編の脚本は「ハリー・ポッター」シリーズ著者のJ.K.ローリング氏が引き続き担当。ローリング氏は既に続編の執筆を始めているとのことで、続編は魔法界の闇の時代についてより深く描き、主人公のニュート・スキャマンダーをはじめとした登場人物たちの忠誠を探る物語になると見られています。

続編の監督は、映画「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」以降シリーズ4作と「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の監督を務めたデヴィッド・イェーツ氏。プロデューサー陣にはローリング氏の他、映画「ハリー・ポッター」シリーズと「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」の製作を担当したデヴィッド・ハイマン氏、脚本家のスティーヴ・クローヴス氏、ハイマン氏と同じく製作を務めたライオネル・ウィグラム氏らの名前が挙げられています。また、ローリング氏の代理人であるニール・ブレア氏と、ワーナー・ブラザースのリック・セナ氏とダニー・コーエン氏が製作総指揮を務めるとのこと。

なお、ワーナー・ブラザースの発表では俳優陣については一切言及されていませんが、主人公のニュート役のエディ・レッドメインや、エズラ・ミラー、キャサリン・ウォーターストンといった主役級の俳優は続投するだろうと見られています。

・関連記事
ハリポタのファンタジー全開の魔法動物たちが暴れまくって街を大破壊する「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」コミコン版予告編ムービーがYouTubeで公開中 - GIGAZINE

ハリポタシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」、魔法動物が登場する最新映像公開 - GIGAZINE

ハリポタシリーズ最新作「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」予告編が全世界一斉解禁 - GIGAZINE

ハリポタシリーズ最新映画公開記念、原作者による書き下ろし新作小説の第2部&特別映像公開 - GIGAZINE

シリーズ最新作「ハリー・ポッターと呪われた子ども」のハリー・ポッターはスーツを着こなす大人の男性に - GIGAZINE

in 映画, Posted by darkhorse_log