メモ

「イスラム国」が「勇敢な戦士たちが息の根を止める」とTwitter創設者を殺害脅迫、アカウント削除を逆恨み


Twitterが「イスラム国」(イスラミックステート、IS)を称する組織のアカウントを大量に削除したことを理由に、Twitterの共同創設者であるジャック・ドーシー氏と同社の従業員を殺害するよう支持者に呼び掛けた、ISからとみられるメッセージがインターネットで公開されました。

    ــ تغريدات ردا على حملة حذف الحسابات ــ   - أ... - justpaste.it
http://justpaste.it/jot6


ISIS Threatens Twitter Founder And Employees Over Blocked Accounts - BuzzFeed News
http://www.buzzfeed.com/davidmack/isis-twitter-threat

テキストデータ保存サイトJustPaste.itに投稿されたISからとみられるメッセージはアラビア語で記載されています。メッセージを翻訳したBuzzfeedによると「我々に対するお前たちの『バーチャル戦争』は、お前たちに対する『リアルな戦争』を引き起こす」「我々の勇敢な戦士たちがお前の息の根を止めるだろう」と書かれていて、ドーシー氏の顔に銃の照準を合わせた画像が添付されていました。


投稿は「お前たちは失敗に終わる戦争を仕掛けた」「我々はお前たちには関係ない戦争だと警告し続けたにも関わらず、お前たちは警告を理解せずに我々のアカウントを閉鎖した。しかし、われわれは常に戻ってくる」とも書いており、ISがTwitterを脅迫する理由はアカウントが大量に削除されたことにあるのが分かります。

ISの脅迫メッセージを受けてTwitterの広報担当者は「同社のセキュリティー・チームは法執行機関とともに脅迫文の信ぴょう性を調査中です」とBuzzfeedに語りました。Twitterは2014年9月にもISから「アカウント停止に責任のあるTwitter社員を殺害する」という脅迫を受けており、このような脅迫は今回が初めてのケースではありません。

By Shawn Campbell

Twitterの利用規約では、利用ルールとして「他人に対する直接的で明確な脅迫などの暴力行為を禁じます」と定められていて、「特定の人物に向けた嫌がらせ行為を行ったアカウントは永久に凍結される可能性がある」と記載されており、TwitterがISのアカウントを削除したのは規律違反に基づいての措置と言えそうです。

ISはTwitterやFacebookといったSNSを使ってメッセージを世界中に拡散させたり、人質を処刑した際に撮影したムービーを動画共有サービスで公開したりなど、インターネットを巧みに使った広報活動を展開しています。こういったISの活動を阻止するべくTwitterはIS関連のアカウントの取締りを強化しているとのことです。

・関連記事
「イスラム国(ISIS)」の活動拠点は一体どこにあるのかをGoogle Earthで丸裸にする方法 - GIGAZINE

イスラム国が後藤健二さんを殺害したとする映像をYouTubeに公開 - GIGAZINE

イスラム国の「聖戦士ジョン」の正体だとされる男はどんな人物なのか? - GIGAZINE

イスラム国に拘束されていたヨルダン人パイロットが焼き殺されていたことが判明 - GIGAZINE

旅に出てから知ったイラン・トルコ・アラブ諸国とイスラムについて - GIGAZINE

イスラム国が日本人1名を殺害したとする画像・動画がネット上に投稿される - GIGAZINE

「ISIS愛してる」とFacebookに投稿した女性が逮捕される - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log