取材

Fate/stay night・Free!・SAO・アイマスなど気合いの入った「痛車」まとめ


マチ★アソビ vol.13」では、2014年10月11日(土)と12日(日)の2日間、藍場浜公園内には全国各地から気合いの入った痛車たちが集まりまくっています。

痛車イベント展示 - マチ★アソビ
http://www.machiasobi.com/events/itasya.html

痛車が大量に展示されているという藍場浜公園に到着。


まず始めに見つけたのは「ラブライブ!」の痛チャリ2台


後輪部分には高坂穂乃果


こちらの車は車体に「Free!-Eternal Summer-


アイドルマスターシンデレラガールズ


こちらの痛車はパンクした模様


THE [email protected](アイドルマスター)」の萩原雪歩


ボンネット


車体側面のイラストは左右で違う模様


車内にはドット雪歩、といった具合に萩原雪歩への愛が溢れまくっています


ガルウィングな痛車もあり


のぼり付きの痛車


ドア部分にはラブプラスの高嶺愛花


シート部分も高嶺愛花のカバーで覆われているというこだわり


<物語>シリーズの戦場ヶ原ひたぎ


正面から見るとグッズやらステッカーやらでかなりのド迫力


こちらの車にはソードアート・オンラインIIのシノン


かなりのビッグサイズ


展示がスタートしたばかりのタイミングだったので、痛車の所有者さんがステッカー張り張り中でした


黄色と黒の痛車には……


グリザイアの果実の松嶋みちる


また、会場の端っこでタクシーとタクシーの運転手、そしてタクシーをパシャパシャと撮影しまくる謎の一段を発見


タクシーに近づいてみると、これは「Fate/stay night」仕様のラッピングタクシーでした。


ラッピングタクシーが生まれる瞬間は以下の記事で見られます。

「Fate/stay night」仕様のラッピングタクシーが生まれるところを見てきた


遠坂凛


アーチャー


トランク部分にもラッピングがあります


セイバー


間桐桜


言峰綺礼


衛宮士郎


ランサー


◆山頂の痛車
残念ながら山頂での展示は11日のみでしたが、こちらも選りすぐりの痛車が展示されていました。

ドゥカティのFate/stay nightバイク


キャラクターのイラストはなく、ロゴと紋章だけでスタイリッシュにまとまっています。


しかし、シートから何かが呼び出されそう……。

なお、この痛バイクを制作した人によると、蓄光仕様で真っ暗闇だと光るとのこと。

こちらはスズキのアイマスバイク。


タンク左側は島村卯月。ちょうどSUZUKIというロゴの「S」にキャラクターが重なり「UZUKI」と名前表記になっているところがオシャレ。


タンク右側は天海春香


ボディを横から見るとノーマル車に見えますが……


ボンネットに大きなミク


リアガラスには「GSR&Studie with TeamUKYO」。グッドスマイルレーシングの参戦チーム名です。


ヘルメットも用意されていました。


「THE [email protected]」の菊池真をフィーチャーした痛車


ボディ左右に躍動感のあるイラストがあって……


リアには「ぷちます!」のまこちー。


こちらは「THE [email protected] シンデレラガールズ」の双葉杏


アイドルらしからぬ表情


バスで並走すると、この「働いたら負け」が見えるわけです。


痛車というよりはラリー仕様かな?と思いきや……


「FORTUNE ARTERIAL」の副会長・千堂瑛里華が手をさしのべてくるイラストが。


水瀬伊織+阪神タイガースな1台


これもまた痛車ではないように見えます。


しかし側面両側を「世界と世界の真ん中で」の月舘美紀が飾っています。


「見た目は痛くても走ってるんだからねっ///」とのこと。


最後は「THE [email protected] MILLION LIVE!」の北沢志保をフィーチャーした痛車


リアを飾るのは「THE [email protected] MOVIE 輝きの向こう側へ!」に出てきたメンバーたち。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マチ★アソビ vol.13」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

アイマス・初音ミク・化物語・ラブプラスなど痛々しすぎる「痛車」が大集合したマチ★アソビ vol.11 - GIGAZINE

ポッポ街や公園に痛車が出現、「ブラック★ロックシューター」仕様のコルベット - GIGAZINE

いろいろな意味でイタい「痛車」が徳島のマチ★アソビに集結~その1~ - GIGAZINE

in 取材,   乗り物,   アニメ,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.