取材

痛チャリ6台が川沿いのボードウォークに集結、痛車に負けず劣らずの痛さを見せつける


マチ★アソビ vol.3に現れた痛車としてブラック★ロックシューター」仕様のコルベットを紹介しましたが、痛いのは車だけとは限りません。萌え博2010で展示されていたように、単車や自転車でも痛くすることはいくらでも可能なのです。

というわけで、徳島市中心部を流れる新町川のボードウォークには痛チャリ6台が集結し、周囲に痛さを振りまいていました。撮影OKということで、思わずケータイを取りだして撮影する人が少なくありませんでした。

詳細は以下から。
マチアソビ
http://www.machiasobi.com/

ボードウォークに現れた痛チャリたち。


ずらっ。


THE [email protected]四条貴音チャリ。


雪歩&貴音


四条貴音ホイール


三浦あずさホイール。


イラスト2点。


星井美希ホイール


バカとテストと召喚獣チャリ。


メインヒロイン(?)である秀吉をプッシュした仕様ですが、「ちょっと痛い」というレベルではないような……。


ゆっくり”しているサドル。


その後ろには萌え萌えキュンポーズのミックミクかがみ。


「マチ★アソビ」文字入り。


ブラック★ロックシューターホイール。


こちらはSinoさんによる東方アートコレクション「鈴風」のイラストを用いたチャリ。


最後はマクロスFチャリ。


マチ★アソビvol.2のときとはちょっと装いが変わっていました。


足元にはけいおん!デコトラが。


このようなカッティングシートを貼り付けて制作されていたりします。職人技ですね……。


マチ★アソビ vol.3では、実際に自分でシートを作れる講座が開かれていたので、挑戦してみました。

痛チャリ用のカッティングシートを自分で作ってみたに続く。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「マチ★アソビ vol.3」全記事一覧まとめ - GIGAZINE

痛車が合計300台集結、ライブやグッズ販売も行われ会場全体がコスプレスペースな「萌え博2010」開幕、全記事一覧まとめ - GIGAZINE

狭い面積にデコレーションを山ほど乗せた「萌え博」の痛チャリ - GIGAZINE

近所のスーパーへ買い物に行ったら「平野綾」仕様の痛チャリ発見 - GIGAZINE

in 取材,   乗り物, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.