デザイン

オオカミ・恐竜など動物の頭蓋骨をミニチュア化してジュエリーに変えた「FIRE&BONE」


3Dスキャンと3Dプリントの技術を駆使して動物の頭蓋骨を精密にミニチュア化、ネックレスやカフスといったアクセサリーとしても使えるのがFire&Boneの製品です。すでにライオンやカラス・オオカミなどの頭蓋骨をミニチュア化しブロンズやシルバーのアイテムとして販売しているのですが、新たに絶滅種であるダイアウルフやジュラシック・パークで有名になった恐竜ヴェロキラプトルを始めとするコレクションがKickstarter上で出資が募られています。

Fire & Bone | Tiny Metal Skulls
http://www.fireandbone.com/

Fire & Bone 2: Tiny, Digitally Captured, Metal Animal Skulls by Fire&Bone — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/fireandbone/fire-and-bone-2-tiny-digitally-captured-metal-anim

Fire&Bone 2の詳細については以下のムービーを見るとわかります。


これが今回登場した新しいミニチュア。Fire&Boneの製品はその小ささにも関わらず非常に精密にできており、部屋に飾って観賞用としても楽しめます。この台座に貼られたラベルのデザインも今回のプロジェクトでリニューアルされたとのこと。


チェーンを通せばネックレスとしても使用可能。


正面から見るとこんな感じ。


これが実際に着用している様子。チェーンはアメリカ製で、60cmのものを使用しています。


新しく作られた頭蓋骨ミニチュアは「ヴェロキラプトル」「ダイアウルフ」「アカオノスリ」「羊(メリノ種)」「ヨザル」「アメリカワシミミズク」「アメリカバイソン」の全部で7種類。


これは今回シリーズに加わった恐竜のヴェロキラプトル。


ダイアウルフ


動物の頭蓋骨を正確にスキャン&モデリングしているので、ダイアウルフは顎の関節が動くようになっています。


Fire&Boneはそもそも2013年末にKickstarter上で出資を募り、2014年1月に目標額8000ドル(約85万円)のところを15万ドル(約1600万円)以上集めて見事商品化を果たしたプロジェクトなのですが、その時に最も注目を集めたのがオオカミの頭蓋骨のミニチュア。そこで今回は頭蓋骨7種に加え、オオカミの頭蓋骨をカフスボタンにしたアイテムも追加されました。


これがオオカミのカフスボタン。


全てのミニチュアはソリッドホワイト・イエローブロンズ・スターリングシルバーの3つの仕上がりから選ぶことができます。


ミニチュア作りはまず、動物の頭蓋骨を3Dスキャンし、コンピューターでモデリングすることから始まります。この時、頭蓋骨はコレクションやジュエリーとして使用できるよう、実際の大きさよりも小さいサイズで作られるのですが、手作業ではなくコンピューターで作業が行われるので非常に細かな部分まで作りこむことが可能です。


出力は3Dプリンターで行います。


3Dプリンターで作られた頭蓋骨はこんな感じ。これを型として製品を作っていきます、


それぞれの頭蓋骨のミニチュアはロストワックスという方法で生産していきます。


磨いて……


完成したのがこのミニチュアというわけです。


Fire&Boneを作っているのはJason Bakutisさん、Chris Boyntonさん、Matt Kronerさんの3人。Bakutisさんはメトロポリタン美術館ニューヨーク近代美術館とも仕事をしているアーティスト。


前回のプロジェクトでは出資者からのサポートのおかげで珍しい生き物の頭蓋骨をミニチュア化できたり、オンラインストアの開設、有名な自然史博物館に製品を置いてもらうこともできたとのこと。しかし「より美しく高品質な造形を目指したい」ということで、今後は恐竜や化石標本のアクセサリーやカフス製作にも力を入れていく予定です。


ということで、「より貴重な有史以前の生き物の化石や標本をスキャンするための資金募集」が今回Kickstarterでプロジェクトを立ち上げた目的。


25ドル(約2700円)の出資でヨザルのミニチュアをチェーン付きでゲットできる枠が現時点で79枠残っており、7種類のうち好きなミニチュアを1つ選ぶには35ドル(約3700円)以上、台座付きの場合は40ドル(約4300円)の出資が必要。この時、ミニチュアはホワイトブロンズかイエローのいずれかから選べるようになっています。また55ドル(約5900円)以上の出資でカフスリングの2個セット、220ドル(約2万3000円)でミニチュア7種類セット、250ドル(約2万7000円)でミニチュア7種類+カフス2個のセットがゲット可能。アメリカ国外への発送が必要な場合は、別途送料が追加されるので注意しましょう。


なお、締め切りは2014年10月16日です。

Fire&Bone 2: Tiny, Digitally Captured, Metal Animal Skulls by Fire&Bone — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/fireandbone/fire-and-bone-2-tiny-digitally-captured-metal-anim



・つづき
生き物の頭蓋骨を3Dスキャンしてメタリックで精密なミニチュアにした「Fire&Bone」はこんな感じ - GIGAZINE

・関連記事
は虫類から哺乳類まで、300種類以上の頭骨をひたすら集めた魅惑の写真集「スカル」 - GIGAZINE

理科室にあるような人体模型の各パーツをストラップとして愛でられる「人体模型 ストラップI」 - GIGAZINE

ブタの丸焼きを完全解体、頭蓋骨を割って「豚の脳ミソ」を食べてみました - GIGAZINE

パックマンの頭蓋骨を再現した標本 - GIGAZINE

「ガチャピン骨格図最終版」がついに登場、剣竜と鎧竜のハイブリッドな特徴を持った骨格に - GIGAZINE

in 動画,   デザイン, Posted by logq_fa