シークレットウィンドウの「新しいタブ」デザインを一新した「Google Chrome 36」安定版リリース

By mera

ウェブブラウザ「Google Chrome 36」の安定バージョン(Win/Mac/Linux 36.0.1985.125)がリリースされました。今回のアップデートでは26個の脆弱性が修正されています。

Chrome Releases: Stable Channel Update
http://googlechromereleases.blogspot.jp/2014/07/stable-channel-update.html


使用しているGoogle Chromeを最新版にアップデートしたい場合は、ブラウザ右上の三本線アイコンをクリックして「Google Chromeについて」をクリック。


するとこんな画面に変わり、使用しているGoogle Chromeが最新版ではない場合……


こんな感じで再起動を促されるので「再起動」をクリック。


ブラウザが再起動すると、最新版のバージョン36.0.1985.125にアップデートされています。


Google Chrome 36ではシークレットウィンドウにて「新しいタブ」を開くと、以下のような表示が出てくるようになります。


また、デスクトップ上からChromeアプリを即起動できるChrome App LauncherがLinuxでも使用できるようになりました。


この他に、Google Chrome 36ではRich Notifications機能が改善されています。

・関連記事
レスポンシブイメージをサポートした「Google Chrome 34」安定版リリース - GIGAZINE

悪意のある拡張機能を無効化する「Google Chrome 33」安定版リリース - GIGAZINE

タブの認識性が向上した「Google Chrome 32」安定版リリース - GIGAZINE

38

in ソフトウェア, Posted by logu_ii