インターネットは誰が、何の目的で発明したのか?その答えに迫るムービー「Who Invented the Internet? And Why?」


連絡を取り合うのにメールを使ったり、何かわからないことがあったら調べたりできるインターネットは、生活になくてはならないものになりました。「生活のありとあらゆるところに顔を出すインターネットは一体誰が何の目的で作ったのか?」という素朴な疑問に答えてくれるムービー「Who Invented the Internet? And Why?」が公開されており、インターネットの専門的な知識がなくても分かる内容になっています。

Who Invented the Internet? And Why? - YouTube


インターネットが発明されてから少なくとも40年以上が経過しています。


インターネットは「核戦争にも耐えうるネットワークを開発した」と言っていたアメリカによって発明された、という人がいますが、それは間違い。


世界で初めて運用された通信ネットワーク「ARPANET」の設立者の1人よると、ARPANETは1台のコンピュータのCPUの処理時間をユーザー単位に分割することで、複数のユーザーが同時にコンピュータを利用できる「タイムシェアリングシステム」を最適化するプロセスの一環として発明されたとのこと。


ARPANETが発明される以前は、ネットワークは存在せずメインフレームという名前の大規模なコンピューターが使用されていました。当時のメインフレームは、同時に複数のコンピューターを接続出来ない不便なものでした。


タイムシェアリングの概念が生まれ、同時に複数のコンピューターを接続できるようになると、「コンピューター間で行なわれる通信をより簡単に早くできないか」と疑問に思う技術者が世界中で出てきます。


1960年代、イギリスにはイギリス国立物理学研究所が開発した商業用ネットワークが存在していましたが、資金不足が原因で広く活用されることはありませんでした。


しかしながら、イギリス国立物理学研究所によって開発されたネットワークは、コンピュータのデータをパケットに変換し別のコンピュータに送信する「パケット通信」という新しい通信方式を採用していました。


パケット通信が生まれたのとほとんど同時期に、イギリスから海を挟んで隣にあるフランスでは、コンピューター同士を接続するネットワークを実現するための研究が行なわれ、実験の最中に研究員が「Le Internet」という言葉を発し、それがインターネットの語源になったとのこと。


1970年代初期、コンピューターインフラは発展し、世界中にさまざまな種類のネットワークが存在していましたが、「違う種類のネットワーク同士は通信できない」という問題がありました。


違う種類のネットワークが通信不可能である問題を解決したのがTCP/IPです。TCP/IPの出現によって、1975年までに複数のネットワークは相互に通信できるようになり、これがインターネットの始まりだと言われています。


インターネットを語るうえで欠かせないのがメールです。メールは1972年にARPANET向けに開発されたもので、1976年にはインターネットのトラフィックのほとんどを占めていました。


ネットワークの相互通信が可能になりましたが、通信は全てテキストベースで行なわれており、文字を識別するだけでも一苦労だったとのこと。


そこで登場するのが、1980年代にスイスのジュネーヴにある欧州原子核研究機構に在籍していたティム・バーナーズ=リー氏です。


ティム・バーナーズ=リー氏が取り組んでいたのは、研究者たちが以前より簡単に研究成果や情報を共有できるシステム。


ティム・バーナーズ=リー氏は「http」「html」「url」を設計し、インターネットでのブラウジングを可能にしました。


世界初のブラウザは「World Wide Web」と名付けられ、ティム・バーナーズ=リー氏はウェブの産みの親となったわけです。


ティム・バーナーズ=リーが設立した世界最初のウェブサイト「CERN」は1991年8月6日にオープン。


こうしてインターネットの基礎的な部分が構築され、多くの電気通信事業者がインターネットを商業的に価値のあるものとして参入。1990年代を通してインターネットは世界中に広まるわけです。


インターネットの発明者はアメリカのアル・ゴア元副大統領だと信じている人がいますが、それは間違い。


ただし、ゴア元副大統領の提唱した情報スーパーハイウェイ構想がインターネットを爆発的に普及させたのは事実です。


インターネットはコミュニケーションを必要とする人間のために生まれ、自然な流れで発生した人類の進歩だと言えます。


1人の人間ではなく、世界中に散らばっていた技術者たちのアイデアの集合体がインターネットなのです。

・関連記事
ローマ教皇が「インターネットは神からの贈り物である」と発言 - GIGAZINE

世界中のインターネット料金を比較すると、なぜアメリカではこんなに高額なのか? - GIGAZINE

インターネットの出現と進歩でかつての日常がどのように変化したかがわかる「リ・イマジネーション(再構築)」 - GIGAZINE

27年前に購入したMacでインターネットにつなぐとどうなるのか? - GIGAZINE

インターネット文化における「1%ルール」とは? - GIGAZINE

世界を悩ませているインターネットのミステリー、謎の暗号「Cicada 3301」 - GIGAZINE

わずか60秒の間にインターネットではどれだけ膨大な量の情報が飛び交っているのか? - GIGAZINE

in ネットサービス,   動画, Posted by darkhorse_log