ムービー

レゴ世界での冒険を描く長編映画「LEGO(R) ムービー」日本版の本予告編公開


どうみても平凡なレゴミニフィギュアにしか見えない主人公が「世界を救う伝説のヒーロー」だと勘違いされてしまい、邪悪な暴君に立ち向かうための大冒険に出る羽目になる……という、レゴ史上初の長編映画「LEGO® ムービー(The LEGO® Movie)」の日本版ポスターと2分25秒の本予告編が解禁となりました。

レゴ®ムービー
http://legomovie.jp

ポスターはこんな感じで、下の方にあるキャストやスタッフの表記がないと、新しいレゴのキットが出たのかと思ってしまいそう。


そして、本予告編はこちら。

『LEGO® ムービー』日本版本予告編


舞台はレゴブロックの世界


主人公エメットはとても平凡なレゴのミニフィギュアです


「『LEGO® ムービー』の予告編が始まるよ、準備はじめ!いつ……やるか……今でしょ!」とノリノリ


コーヒーショップにて……


嫌いなコーヒーを飲むエメット、その理由は「ワイルドだろ?」。


世界はレゴのアイテムで満ちあふれています


仕事から早く帰ろうとしたエメット


ところが、大穴に落ちてしまい……


穴の底でワイルドガールと出会います


バイクを乗り回したりして、実にワイルド。


さらにはバットマンも登場し……


ヒーローたちが続々と出現


こちらは邪悪な暴君「おしごと大王」


エメットは伝説のヒーローだと勘違いされてしまい、おしごと大王を倒す旅に出ることに。


映画中では爆発シーンもすべてレゴブロックで表現されています


エメットはバットマンらとともに、暴君を倒すことができるのか。


映画は全世界で2月7日から順次公開されることになっており、日本での公開予定は2014年3月。

監督・脚本を「くもりときどきミートボール」「21ジャンプストリート」のフィル・ロードとクリストファー・ミラーが担当。映画の中にはLEGOで人気のキャラクターたちが出てくるほか、さらに新しいキャラクターも登場します。


なお、エメット役は「マネーボール」のクリス・プラット、おしごと大王役はウィル・フェレル。このほか、リーアム・ニーソンモーガン・フリーマンエリザベス・バンクスウィル・アーネットらがキャストを担当しています。

配給:ワーナー・ブラザース映画

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「レゴ・デザイナー」として採用されるためにはどうすればいいのか? - GIGAZINE

レゴブロックでらせん構造などを科学的に忠実に再現したDNA模型 - GIGAZINE

レゴブロックでホグワーツを完全再現、名場面も登場する「Lego Hogwarts」 - GIGAZINE

レゴ人形が素数を聞いて大喜びする「素数チャレンジ」を東工大が作成 - GIGAZINE

Googleカレンダーとも同期する巨大なレゴブロック製カレンダー「LEGO CALENDAR」 - GIGAZINE

レゴブロックで義足を1から作り上げる全製作過程はこんな感じ - GIGAZINE

レゴブロックで作られたファミコン&ディスクシステム - GIGAZINE

in 動画,   映画,   アニメ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.