メモ

3Dプリンターを使って自分の歯形にあわせた歯ブラシをオーダーメイドできる「Blizzident」


Amazonが個人向け低価格3Dプリンタを扱う「3Dプリンタストア」をオープンするなど、世界的に普及しつつある3Dプリンターですが、その「多品種・少量生産」というメリットを活かして個人にあった歯ブラシをオーダーメイドするというサービスが提供されています。

Blizzident - Home
http://www.blizzident.com/index.html


こちらが3Dモデリングで作成された歯ブラシ。透明の素材なので少しわかりにくいのですが、口の中の歯並びをスッポリ覆うような溝が掘られており、溝の内側にはそれぞれの歯にあわせてブラシが植えられています。


横から見るとこんな感じ。ハンドルがついており、ブラッシング時に保持するようになっています。


使い方はカンタン。下記のムービーのようにブラシを口の中に入れ、数回カミカミするだけで、ブラッシングが完了します。その時間わずか6秒とのこと。さらに、歯と歯と間には糸状のフロスを通すことも可能です。

"6 sec toothbrush" - blizzident.com - YouTube


このブラシを作成するには、歯並びを3Dデータ化したものが必要です。歯科医で「印象(歯型をとる事)」を作ってもらったものを送付して3Dデータに変換してもらう方法と、自分で3Dデータを作成して送付する方法の2つがあり、どちらかを選ぶことが可能です。

By MartialArtsNomad.com

気になる価格は299ユーロ(約3万9500円)で、推奨使用期間は1年間です。この価格に印象作成やデータ作成の費用は含まれていません。また、洗浄+ブラシ交換は89ユーロ(約1万2000円)で、新品購入後13か月めであれば、交換品を159ユーロ(約2万1000円)で購入することが可能です。日本への発送も可能で、送料は商品代金に含まれているとのことです。

・関連記事
世界最安で3Dプリント・3Dスキャン・フライス盤加工が可能な複合機プリンタ「FABtotum」 - GIGAZINE

水のジェットで歯ブラシで磨けないスキマでも掃除して歯茎もマッサージできる「ドルツ・ジェットウォッシャー」で口内洗浄してみた - GIGAZINE

口臭・歯垢・歯肉炎予防のために「リステリン」「コアグレッシュ」「コンクールF」を比較してみた - GIGAZINE

歯磨き粉を最後まで残さずに使い切れる革新的なパッケージ「SavePaste」 - GIGAZINE

in 動画,   メモ, Posted by darkhorse_log