メモ

Googleのデータセンターへの投資額が210億ドルを超える

By Stuck in Customs

Googleが2006年にデータ・センターを構築し始めて以来、インターネット・インフラへ投資した総額が約210億ドル(約2兆円)を突破しました。これはData Center Knowledgeがまとめたもので、直近の2013年第2四半期には16億ドル(約1580億円)の投資を行っているとのこと。

Google Has Spent $21 Billion on Data Centers | Data Center Knowledge
http://www.datacenterknowledge.com/archives/2013/09/17/google-has-spent-21-billion-on-data-centers/

Googleがグローバル展開のためにデータ・センター拡張を始めてから、投資している額は毎四半期ごとに10億ドル(約987億円)を超えており、直近の2013年第2四半期にはデータ・センターへの投資が過去最高額となる16億ドル(約1580億円)に達しました。また、Google支出分析によるとこれらの投資は、Googleのウェブサービスやアプリの動力となる「クラウドコンピューティング・プラットフォーム」に対するインフラ整備に充てられているとのことです。


Microsoftも最近、データセンターのインフラ整備に150億ドル(約1兆4800億円)以上を費やしたと明らかにしています。結果は四半期ごとに変動する可能性があるものの、世界的にインフラへの投資は今後も継続していく見通しで、同時期にも、Googleはマンハッタンの111 8th Avenueにあるオフィススペースを20億ドル(約1580億円)で購入し、2010年の第四半期の資本支出をさらに増加させました。2006~2013年のGoogleの資本支出の合計を表すチャートは以下のもの。


11月のGoogleの発表によると、アイオワ州カウンシルブラフスのデータセンター拡張に2億ドル(約197億円)と、サウスカロライナ州バークレー郡キャンパスに6億ドル(約592億円)、ノースカロライナ州ルノアールのキャンパス設備にさらに6億ドル(約592億円)、ベルギーのデータセンターのキャパシティ追加に3.9億ドル(約385億円)の合計11.9億ドル(約1175億円)を投資しており、Googleのデータセンター建設への投資はこの四半期で最高レベルにまで達する可能性が高い予想。また、資本投資の大部分が、データサーバーやネットワーク設備を含むITインフラに向けられており、過去にも、会社の資本支出は、約2億ドル(約197億円)から6億ドル(約592億円)を必要とするデータ・センター建設計画に従って、必要分の投資を行っているとのこと。

By keso

なお、Googleはさらに南アメリカとアジア諸国でもネットワーク・インフラを拡張中です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Googleが老化現象や老齢疾患に立ち向かう新会社「Calico」設立を発表 - GIGAZINE

Googleのオーガニック検索のレベルが低下している原因はGoogle自体にあった - GIGAZINE

Googleの自動運転カーは毎秒1GBのデータを処理、これがGoogleカーから見た世界 - GIGAZINE

Google創設者ラリー・ペイジ氏が自らの声についてGoogle+で真相を語る - GIGAZINE

GoogleはGmailの中身を読むことはビジネスとして当然の行為であると裁判で主張 - GIGAZINE

in メモ,   ネットサービス, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.