メモ

【訃報】「無敵看板娘」で知られるマンガ家の佐渡川準さん死去


週刊少年チャンピオンに「あまねあたためる」を連載しているマンガ家の佐渡川準さんが2013年8月13日未明、亡くなったことがわかりました。34歳でした。

朝日新聞デジタル:漫画家・佐渡川準さん自殺か 代表作「無敵看板娘」 - おくやみ
http://www.asahi.com/obituaries/update/0813/TKY201308130275.html



佐渡川さんは2000年下期に行われた第55回週刊少年チャンピオン新人まんが賞で奨励賞を受賞し、2002年の週刊少年チャンピオン25号に「無敵看板娘」で連載デビュー。以後、2006年まで4年にわたって連載を続け、コミックスは全17巻が刊行され、2006年7月から9月にはテレビアニメ化もされました。


「無敵看板娘」終了後はタイトルを改めた「無敵看板娘N(ナパーム)」を2007年まで連載。


2008年から2009年にかけては「PUNISHER」、2010年から2012年までは「ハンザスカイ」を連載し、2012年のチャンピオン52号から「あまねあたためる」を連載していました。


報道によると8月13日5時ごろ、茨城県利根町中谷にある利根親水公園で意識不明状態の佐渡川さんを通りがかりの男性が発見。通報したものの、死亡が確認されたとのこと。


佐渡川さんはTwitterにアカウントを持っていて、8月10日にはコミケの会場に訪れたらしいことがうかがえます。

佐渡川準 (amanewarm)さんはTwitterを使っています
https://twitter.com/amanewarm


追記:
佐渡川さんが連載を持っていた週刊少年チャンピオンを発行している秋田書店の公式サイトに訃報が掲載されました。

佐渡川準先生 訃報 | 秋田書店
http://www.akitashoten.co.jp/news/191



これによると、原稿は第39号掲載予定分まで完成しており、遺族の意向もふまえつつ、38号・39号分の遺稿を順次発表する予定だとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
数十万円台の赤字も、現役漫画家の原稿料や過酷すぎるアシスタントの待遇が明らかに - GIGAZINE

総勢115人のマンガ家&原作者による「マンガの未来に必要なものをズバリ一言。」全文掲載 - GIGAZINE

「金色のガッシュ!!」の作者である漫画家、雷句誠さんにいろいろとインタビューしてきました - GIGAZINE

作品世界にいかにキャラクターを溶け込ませるか、マンガ家・結賀さとるの作品作りやその生活についてインタビュー - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.