試食

カルピスをパンに塗って食べる「カルピスソフト」はどうすればおいしくなるのか、ハチミツやチーズ・あずきなどと一緒に食べてみました


カルピスのさわやかな風味をスプレッドにした「カルピスソフト」が3月1日に発売されました。カルピスと言えば30本のカルピスから生まれるカルピスバターが有名ですが、パンにカルピスを塗って食べるカルピスソフトはどんな仕上がりなのか、そのままの味を確かめると共にジャムやハチミツなどを使っておいしい組み合わせ調べてみました。

カルピスソフト|J-オイルミルズ
http://www.j-oil.com/product/calpis_soft/soft.html

パッケージはカルピスでおなじみの水色のドット柄。


やわらかいパンに合うようです。


100gあたり633kcalで、同じくJ-オイルミルズから発売されるラーマ バターの風味は100gあたり743kcalなので、それよりはカロリーが低め。


原材料名には食用植物油脂、食用精製加工油脂、殺菌乳酸菌飲料など。


容器にもカルピスっぽいさわやかなイラストが描かれています。


容器を開けてみるとこんな感じ。バターやマーガリンのように黄みがかってはおらず、真っ白です。顔を近づけると「確かにカルピスだ!」とはっきりわかるほど、独特の甘い香りがありました。


まずはそのまま味見をしてみると、甘みと少しの酸味が同時に感じられます。カルピスの原液をパンにかけて食べる感じを想像していたのですが、予想していたよりも甘みは控えめ。なかなかカルピスっぽさはあるのですが、その「カルピスっぽさ」が逆にカルピスそのものではなく、「カルピスウォーター」に近い味になっているようです。また、どことなく懐かしい風味はヨーグルトっぽい駄菓子ヨーグルを思い出させます。


ということで、パッケージにあるようにやわらかい食パンを用意してカルピスソフトを食べてみます。


しっかりとぬりぬり。


カルピスソフトをパンに塗ると、そのまま食べるよりさらにカルピスの味わいが薄めに。どことなくカルピスの匂いのする無塩マーガリンを塗っているような雰囲気もあります。油っぽい感じがするので、苦手な人は苦手そうですが、このほのかな酸味と甘みのバランスにはまってしまう人もいそうです。


公式には「やわらかいパンに」とあるのですが、焼いたパンに合わせるとどうなるのだろう?ということで実験してみます。


こんがり焼いた食パン。


その上にカルピスソフトをのせると、あっというまに溶けていきました。


姿が消えてしまい、見た感じは普通のバタートースト。


カルピスソフトが溶けてしまったことによって油っぽさが消え、ふんわりとカルピスの香りだけが残りました。トーストしたパンを使っても風味が消えてしまうことはなかったので、バターやマーガリンの食感が苦手な人にとってはこちらの方がよさそうです。


さらにいろいろなトッピングとあわせて食べていきます。


まずはハチミツ。


カルピスソフトを塗った食パンの上にハチミツをかけてきます。


トッピングとしてはシンプルなのですが、ハチミツの甘さがプラスされることによって単体で食べると目立っていた油っぽさが消え、しかしながらカルピスの風味は健在で、かなりナイスです。


続いてはブルーベリージャムと合わせてたべてみます。


カルピスソフトの上にジャムを塗り塗り。


甘みがハチミツよりも控えめなためか、カルピスソフトの存在感もきっちり残る組み合わせです。なぜかこの組み合わせがもっとも「ヨーグル」感を強く感じました。


続いてはゆであずき。あんバターならぬ、あんカルピスソフトを狙ってみました。


こちらもカルピスソフトをしっかり塗った食パンの上にのせていきます。


食べてみてコンマ1秒で頭をよぎった言葉は「合わない……」。あずきと酸味の相性があまりよくないのか、統合されることなく味がバラバラになっている印象。カルピスにはさまざまなフレーバーがありますが、なぜあずきカルピスが存在しないのか、よくわかる組み合わせでした。


そして、トーストに載せるトッピングの定番、チーズでも試してみます。


食パンの上にカルピスソフトを塗った上にチーズをのせ、トーストしたものがこちら。


とろ~り溶けた熱々のチーズトースト・カルピス風味は乳製品同士のためか、予想外に相性のいい組み合わせ。カルピスのふんわりした香りとわずかな塩気がバランスよく、甘すぎず、くどすぎず、濃すぎず、おいしく食べられました。


ということで、さまざまな組み合わせを試した結果、カルピスソフト+ハチミツが相性のいい組み合わせということで、そのことからも「甘さが控えめ」で「無塩マーガリンを食べているような食感」が少しネックになっているようです。とはいえ、カルピスの香りを忠実に再現しており、カルピス好きならスプーンですくって食べる人もいそうな仕上がりなので、一度購入してトライしてみる価値はアリです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
カルピス スパークリング フルーツカクテルはレモン風味で甘さ控えめ - GIGAZINE

「CALPIS Fruity Cafe カルピス キウイ&レモン」 は超サワヤカ - GIGAZINE

カルピス「フルーツカルピス ゴールデンパイン&カルピス」試飲レビュー - GIGAZINE

カルピス「贅沢時間 完熟マンゴーラテ」試飲レビュー - GIGAZINE

創立90周年記念「ザ・プレミアム カルピス」はどれぐらい濃厚なのか? - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.