レビュー

無料で自分のIPアドレス・接続元を隠蔽できるVPNサービス「OkayFreedom」


サイトにアクセスする際に、接続元をドイツ・アメリカ・イギリス・スイスに変更して、安全にサイトを閲覧することなどができるVPNサービスが「OkayFreedom」です。Windowsで使用することができます。OkayFreedomの設定方法などについては以下から。

OkayFreedom
http://www.okayfreedom.com/

上記サイトの「Download OkayFreedom for free」をクリック。


ダウンロードした「okayfreedom_website.exe」をダブルクリック。


メールアドレスを入力して「Next」をクリック


「Next」をクリック


「Install」をクリック


「Accept」をクリック


無料のアカウントを使用するので「Free」をクリック


「Continue」をクリック


「Continue」をクリック


「Continue」をクリック


「Close」をクリック


インストールが完了するとタスクトレイにOkayFreedomのアイコンが表示されます。


設定をする場合は、アイコンをクリックすればOKです。


デフォルト設定のまま、IPアドレスから接続元を確認してみると、長野県あたりであると判定されました。


次に、アメリカからの接続に変更する場合は、タスクトレイにあるアイコンをクリックして、「American identity」をクリック。


10秒ほど待ちます。


変更が完了するとアイコンが変更されます。


IPアドレスから接続元を確認してみると、アメリカではなくカナダのトロントであると判定されました。


ドイツからの接続に変更した場合は……


今度はちゃんとドイツからの接続と判定されました。


イギリスに変更した場合は……


イギリスのロンドンであると判定されました。


スイスからの接続に変更した場合は……


設定した通りスイスからの接続であると判定されました。


最後にOkayFreedomを使った場合に、回線スピードに影響があるか確認するため、まずOkayFreedomを停止させた状態でダウンロードスピードを計測すると、結果は約800kbps。


次に、アメリカからの接続設定に変更してダウンロードスピードを計測すると、結果は約200kbpsに。OkayFreedomを動作させると、ダウンロードスピードが約4分の1になり、通常よりも遅くなりました。


なお、無料で最大1GBまでのデータ転送量となっていますが、月額5.95ドル(約480円)払えば10GBまで、月額11.95ドル(約960円)で無制限の転送量で利用できます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
IPアドレスを偽装して安全にインターネット接続を可能にするフリーソフト「spotflux」 - GIGAZINE

「匿名」でネットを利用するための3つの基礎知識 - GIGAZINE

ブラウザから利用できる匿名プロキシサイトリスト - GIGAZINE

無料で60分間だけ使い捨てメールアドレスをゲットして送信も受信もできる「GuerrillaMail.com」 - GIGAZINE

使い捨てメールアドレスがアクセスするだけでゲットできる「airmail」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in レビュー,   ソフトウェア, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.