ムービー

自動車のオイルをいつ交換すればいいか簡単にチェックできる「lubricheck」


エンジンオイルは3000マイル(約5000km)から5000マイル(約8000km)走ったら交換時期だといわれますが、この50年間で著しく技術が進歩したのにオイルだけ昔と同じ数字のままということはあるのでしょうか。このことに疑問を持った3人の男が、本当にオイルの交換時期がいつなのか自分でかんたんに確認できるキットを開発しました。

lubricheck
http://www.lubricheck.com/index.html

オイルの状態を確認するだけなら誰でもできますが、交換時期なのかどうなのかが一目でわかるのがこのキットのいいところです。開発の様子と実機は以下のムービーで確認できます。

Lubricheck 4.mpg - YouTube


こちらが開発者3名


デザイン案いろいろ



開発過程の様子


ぴぴぴー


これがlubricheck


ケースからスッと出して使用します


中央の皿部分にオイルを垂らします


そして計測ボタンを押せばOK


計測結果はこのようにまとめられます。


ガソリンスタンドに行くとよくオイル交換を薦められますが、このキットを使って状態を把握していれば毅然と「結構です」と断ることができます。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
自動車に「エンジン」ではなく「猿人(えんじん)」を入れる「ENJIN BEATBOX」、一体どうやって作ったのかというメイキングがすごい - GIGAZINE

走行距離約90万キロメートルの車が今も現役で走行中 - GIGAZINE

伝説の原付バイク「ホンダ・スーパーカブ」は本当に伝説級なのか検証するムービー - GIGAZINE

in ハードウェア,   動画, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.