メモ

Googleの全自動運転カーが無事故で50万km弱を走行することに成功


今年3月の段階ですでにほぼ完成していたGoogleのセルフドライビングカー(自動運転カー)が、その後、無事故で30万マイル(約48万km)の走行に成功したとの報告がありました。

The self-driving car logs more miles on new wheels | Official Google Blog


Googleの自動運転カー開発チームは、運転をより安全で楽しいものにするため、進歩的なコンピュータ科学を取り入れ続けてきました。その結果、12台ほどある自動運転カーが走行した距離の合計が30万マイル(約48万km)を越えたとのこと。すでに、この自動運転カーは広い範囲の交通状況を把握して動いていて、これらのテスト走行の間に1度も交通事故に遭うことはありませんでした。

しかし、この30万マイルは1つの到達点であり、先にはまだまだ長い道のりが続いている、と開発チームで技術指導担当のChris Urmsonはブログに記しています。

今後、できるだけベストな経験を提供していくために、雪道や工事で仮設置されている標識や信号、その他、ドライバーが出会うであろう多くのトリッキーな状況にも対応していく必要があります。

現在、テスト走行時にはペアで乗車して状況をチェックしていますが、次のステップとしては乗員を1人にして通勤に使用し、すべての通勤する人たちが使えるものになるように近づけていくことになります。

この次のテストをするにあたって、車両も新たにレクサスRX450hが追加されるとのこと。

・関連記事
最高時速6500km・約6時間で世界1周できる交通機関「Evacuated Tube Transport」 - GIGAZINE

こどもでも運転できるトヨタのコンセプトカー「カマッテ」 - GIGAZINE

SFロボ的デザインのホンダ運転席(コクピット)が未来を感じさせまくり - GIGAZINE

スマフォで身長を登録するとシートが自動調節されるクルマ「T-bridge」など - GIGAZINE

地下鉱物による磁力を利用し宙を浮く車が成都の街を駆け抜けるムービー - GIGAZINE

in メモ, Posted by logc_nt