×
メモ

中国人女性らがCNNに13億ドルの慰謝料を求めて提訴


北京市在住の中国人女性らがアメリカのニュース専門放送局「CNN」と同局のキャスターに対して、すべての中国人を代表して、中国人1人あたり1ドルとなる総額13億ドル(約1339億円)の慰謝料を求めて提訴しました。

なにやらとんでもない話ですが、いったい何があったのでしょうか。

詳細は以下から。
中国人に1ドルずつ支払え!13億ドルの慰謝料求めCNNを提訴―米NY

この記事によると、中国の北京市に住む女性とアメリカのニューヨーク在住の女性が、連名でアメリカの弁護士を通じてCNNと同局のキャスターであるジャック・カファティ氏、CNNの母体であるターナー・ブロードキャスティング社を相手取って、中国人1人あたり1ドル、総額13億ドルの慰謝料を求めた訴訟を起こしたそうです。

2人の女性が提出した訴状によると、CNNは中国人全体を侮辱し、おとしめたとしており、カファティ氏は中国人を故意に精神的に傷付けたとのこと。そしてターナー・ブロードキャスティング社には重大な過失があったとしています。

なお、このような訴訟が提起された背景として、CNNの番組内でキャスターのカファティ氏がアメリカの莫大な対中貿易赤字に言及した際に「彼らは基本的に過去50年間と同じならず者と悪党の集団(goons and thugs)だ、とわたしは考えている」と述べたことが中国国内に波紋を広げており、中国国内で抗議デモが展開されるなど、反発が高まっていることが挙げられます。

・関連記事
飛行機の中で寝ている間に男に体液をかけられた女性、航空会社を提訴 - GIGAZINE

50代の女性を見つめすぎた男性に有罪判決 - GIGAZINE

スパイウェア検出ソフトSpybot-S&Dで有害とされたソフト製作会社が怒り告訴 - GIGAZINE

楽天、週刊新潮の記事に関して12億6861万円の損害賠償訴訟 - GIGAZINE

任天堂、ソニー、マイクロソフトが提訴されました - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log