メモ

8歳の女の子と58歳の男との離婚を裁判所が棄却


サウジアラビアで8歳の女の子が父親によって58歳の男と結婚させられ、女の子の母親が裁判所に結婚の破棄を申し立てていた事件で、裁判所は「母親に起訴する権利はなく、女の子が自分で訴えられる年齢になるまで待たねばならない」と母親の訴えを棄却したそうです。

詳細は以下。
Saudi Girl Aged Eight Married Off By Father | Home | Sky News

弁護士のAbdullar Jtili「彼女はまだ小学校4年生になったばかりで、まだ自分が結婚したということが理解できていない」とコメントしています。

匿名の親族のコメントによると、58歳の男性は口頭で「少女が18歳になる10年後までは、結婚を保留する」と言っており、女の子は今は母親と一緒に住んでいるとのこと。父親は金に困っており、5000ポンド(約70万円)の持参金を条件に娘を男と結婚させたそうで、結婚させる意思に変わりはないと法廷で述べているそうです。Abdullar氏はサウジアラビアの最高裁判所にあたる評議会に訴えるとしています。

イスラム教の戒律が厳格に守られているアラビア半島の国々では未成年との結婚や一夫多妻制が当然のことと受け止められており、4月にはイエメンで無職の28歳と8歳の女の子が結婚させられるも、虐待行為で結婚が破棄になるという事件があったところです。

・関連記事
51才の男性にレイプされた16才の少女が死刑 - GIGAZINE

無職の父に結婚させられた8歳の少女が離縁を勝ち取る - GIGAZINE

9歳の少女が奴隷として50ドルで売られている - GIGAZINE

10代の少女への性的暴行で懲役が4060年に - GIGAZINE

自分のヌード画像を携帯電話でクラスメートに送った15才の少女を児童ポルノで逮捕 - GIGAZINE

in メモ, Posted by darkhorse_log