ムービー

世界中の時間を表す世界時計をとても簡単に作る方法


かなり強力な世界時計機能搭載の置き時計の作り方の説明とそのムービーです。世界中に友達がたくさんいる人には特にお勧め。しかし、通常使うには大きな弱点も。

作り方とムービーは、以下から。
まずは、CDを使って円を描きます。材料は、時計、はさみ、厚紙、のり程度。


円を12等分にします


時計の表と裏


胴体も紙で作製


古い時計の動作部分を取り出します


先ほど作ったものに、時計の取付


最後に1時間の時差ごとに都市名を記入


最後に時計の針の取付


完成。シドニーは8時。


パリは11時に。


ムービーはこちらから。
International Clock


とても簡単に作れそうですが、長針が無いので「分」はアバウトになってしまいそうです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
古いレコードからユニークな時計を作る方法 - GIGAZINE

飛んで逃げる目覚まし時計 - GIGAZINE

音を鳴らしながら走って逃げ回る目覚まし時計 - GIGAZINE

バンプレスト、時限爆弾をイメージした目覚まし時計を発売 - GIGAZINE

時間がわかりにくいクールな文字盤の時計 - GIGAZINE

果物電池で動く時計 - GIGAZINE

in メモ,   動画, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.