デザイン

光の針で時刻を指し示す文字盤のない腕時計「Aurora」


時計には多くの人が慣れ親しんだアナログ時計やデジタル時計のほか、二進法で時間を表示するバイナリ時計など多くのものがありますが、文字盤にタッチすると光の時針が現れる腕時計のコンセプトデザインが発表されています。

携帯電話が時計として使えるので最近は腕時計をしなくなった人も多いと思いますが、何となく着けてみたくなるような未来っぽさを感じさせるデザインとなっています。

詳細は以下から。
Aurora Watch Concept by Jihun Yeom >> Yanko Design

これがJihun Yeomさんによってデザインされた文字盤のない腕時計「Aurora」です。普段は何も表示されておらず、タッチすると動作します。


赤い光が分針で、青い光が時針なのだそうです。


通常時の見た目は銀色の輪なので、腕以外にも色んなところに着けられそうです。


なお、同様のデザインとしては日本のデザインチーム「参(mile)」が光の針を表示する壁掛け時計を作製。2008年のミラノサローネに出展されました。
MILE / good aftermoon

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
実力派声優12人が集結した「美声時計」登場、写真だけでなく声で時刻をお知らせ - GIGAZINE

中の人が現在時刻を毎分書き換えてくれる時計 - GIGAZINE

世界中の時間を表す世界時計をとても簡単に作る方法 - GIGAZINE

今何時なのかわからない時計ブランド「Tokyoflash」 - GIGAZINE

神秘的に輝くオーロラを作って遊べるノルウェー観光案内サイト「Visit Norway」 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in デザイン, Posted by darkhorse_log

You can read the machine translated English article here.