ネットサービス

MetaのSNS「Threads」のAPIが公開されてサードパーティーアプリの開発が可能に


Metaが展開しているSNS「Threads」において、APIが公開されて独自のアプリを作成できるようになりました。

The Threads API is finally here!
https://developers.facebook.com/blog/post/2024/06/18/the-threads-api-is-finally-here/


Threadsでは2024年3月から少数のパートナー限定でAPIのベータ版をリリースしており、パートナーからのフィードバックを受けつつ開発を進めていました。

ThreadsがAPIをテスト中、公開後はサードパーティーアプリが開発できるようになる可能性 - GIGAZINE


そして2024年6月18日、Metaはカンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバルにてThreadsのAPIを正式にリリースすると発表。誰でもAPIを利用して独自のアプリを作成できるようになりました。

投稿者: @threads
Threadsで見る


今回リリースされたAPIを使用すると、「投稿の公開」「コンテンツを取得」「返信管理機能の利用」「投稿へ返信」「投稿への返信の取得」「特定の返信を非表示・表示」といった基本的な機能のほか、メディアおよびアカウントレベルでの閲覧数・いいね数・返信数・リポスト数・引用数・フォロワー数などの統計情報が取得可能です。


ThreadsのAPIを使用するには、まずFacebookにログイン後、開発者ダッシュボードからアプリを作成する必要があるとのこと。アプリを一般ユーザーに公開する場合は公開前にレビューを受ける必要があります。APIの使用方法はドキュメントに記載されているほか、GitHubにて公開されているオープンソースのサンプルアプリを参考にしてもOK。

多数のSNSに同時投稿可能なツール「Buffer」の開発チームは「BufferをThreadsにできるだけ早く対応させるために集中して取り組んでいる」と投稿しています。

投稿者: @buffer
Threadsで見る

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Twitterに似たSNS「Threads」の始め方&使い方レビュー、「最大500文字投稿可能」「画像は10枚同時投稿可能」「PCからも閲覧可能」などなど機能盛りだくさん - GIGAZINE

MetaのSNS「Threads」は台湾で人気を博し親中派野党への抗議活動の場になっている - GIGAZINE

ThreadsがMastodonなど分散型SNSへの投稿シェア機能のベータテストを日本・アメリカ・カナダで開始 - GIGAZINE

Threadsが「インプレッション数に応じて現金報酬を受け取れるボーナスプログラム」をテスト中 - GIGAZINE

Threads(スレッズ)に投稿を後から編集できる無料機能が追加されたので使ってみた - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1d_ts

You can read the machine translated English article here.