ネットサービス

X(旧Twitter)が無料の「プライベートいいね」機能を間もなく開始、他の人に知られることなくいいねができる有料機能が誰でも使用可能に


X(旧Twitter)の有料会員に提供されていた「いいねの非公開化機能」が、早ければ2024年6月12日から一般ユーザーに提供されると、IT系ニュースサイトのThe Vergeが報じました。

X is about to start hiding all likes - The Verge
https://www.theverge.com/2024/6/11/24176247/x-likes-hidden-private-rollout

Elon Musk's X is starting to hide users' likes
https://qz.com/x-hiding-users-likes-twitter-elon-musk-social-media-1851533513

Xは2023年9月から「いいね」タブを非表示化する機能を有料会員向けに提供していたほか、同社のエンジニアリングディレクターのHaofei Wang氏は2024年5月に、「いいね」タブの表示が不適切な行動を助長するとして、「いいね」を非公開化する考えを示していました。

X(旧Twitter)が誰でもチェックできた「いいね」欄を非公開に、何に「いいね」したか誰でもチェックできるのは間違った行動を助長するため - GIGAZINE


そして、The Vergeは2024年6月12日に、匿名の関係者の話として、Xが早ければ同日中にも「プライベートいいね」機能を導入すると報道しました。

Wang氏もこの日のポストで「今日、何かをローンチします」と述べて、新機能の公開をほのめかしています。


Xのシニアソフトウェアエンジニアであるエンリケ・バラガン氏によると、この機能が実装されても、誰が自分の投稿に「いいね」をしたのかやその回数はわかるとのこと。しかし、ほかのユーザーが誰に「いいね」をしたのかを見たり、それをプロフィールの「いいね」欄で確認したりすることはできなくなります。


The Vergeに情報を提供した関係者は「ソーシャルメディアは全体的に『いいね』の数を重視しなくなってきているので、これは理にかなっています。あるいは、マスク氏がXと距離を置きたいだけなのではないかと思う部分もあります」と話しました。

Xのオーナーであるイーロン・マスク氏はThe Vergeの報道に反応し、「『いいね』をしても誰かに攻撃されたりすることなく、誰もが投稿に『いいね』ができるようにすることが重要です」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
X(旧Twitter)が有料会員向けに「いいね」タブを非表示化する機能を提供開始 - GIGAZINE

X(旧Twitter)が誰でもチェックできた「いいね」欄を非公開に、何に「いいね」したか誰でもチェックできるのは間違った行動を助長するため - GIGAZINE

邪悪なツイートを「いいね」した人までまとめてブロックすることで一気にタイムラインの治安を向上させることが可能なツール「MegaBlock」 - GIGAZINE

自分のツイート履歴を画像やムービーだけでなくいいね履歴やリストごとサクッとダウンロード可能な無料アプリ「TwitVault」を使ってみた - GIGAZINE

怒りの投稿に「いいね」をもらった人は怒りの投稿が激化するという研究結果 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1l_ks

You can read the machine translated English article here.