ネットサービス

TwitterのAPI無料は2月13日まで延長、有料プラン2種に加え月1500ツイート作成可能な無料プラン提供を予定しPremium APIは非推奨


Twitterが、2023年2月9日で区切るとしていたTwitter APIへの無料アクセスを同年2月13日まで延長することを明らかにしました。同時に今後のAPIについての情報も小出しにし、有料のAPIに加え、1日当たり最大1500ツイートの作成が可能な無料アクセスも提供することを明かしました。


Twitterは2023年1月13日にサードパーティ製Twitterアプリの大部分を締め出し、規約を改定して正式にサードパーティ製アプリの存在を認めない方針を明らかにしました。さらに、Twitterは「Twitter API v2」および「Twitter API v1.1」の無償提供を終了し、有料プランに一本化する方針を示していました。

APIの無償提供は9日に終わる予定でしたが、この期限が13日まで延長されました。さらにTwitterは今後のAPIアクセスについて明確にしました。


Twitterによると、「低レベル」のアクセスが可能な有料プランと、月額100ドル(約1万3000円)で「Twitter Ads API」にアクセス可能な有料プラン、1つの認証済みユーザートークンが1ヶ月当たり1500ツイートまで作成可能な無料プランが提供される予定。これにはTwitterへのログインも含まれます。無料プランの提供について、Twitterは「エコシステムにとって非常に重要なものであるため」と説明しています。

なお、これはTwitter APIを使用するサービス向けの情報。公式アプリやtwitter.com経由で利用する一般ユーザーは、これまで通り制限なしでTwitterを利用できます。

また、既存のAPIサブスクリプションのうち「Premium API」が2月13日から非推奨とされます。Premiumに加入しているユーザーは、「Enterprise」を申請することでAPIエンドポイントを引き続き利用できると案内されています。

Twitterは「これは、Twitter APIの品質を向上させ、スパムを減らし、活発なエコシステムを実現するための新しいストーリーです。これらの変更を実装するまでお待ちください。皆さんが次に何を構築するか楽しみにしています」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
アメリカのTwitter有料プラン加入者数はわずか18万、有料プランの年間収益は約37億円で借金返済には焼け石に水 - GIGAZINE

イーロン・マスクが無料提供を終了したTwitterのAPIについて「優れたコンテンツを提供するボットには専用APIを無料で提供」と発表 - GIGAZINE

TwitterがAPIの無料提供を終了へ、アカウント連携などに影響か - GIGAZINE

Twitterによるサードパーティ製クライアントアプリの禁止によってサービスを終了した「Tweetbot」が声明を発表 - GIGAZINE

Twitterがあらゆるサードパーティー製アプリを許可しないことを公式発表 - GIGAZINE

サードパーティ製Twitterアプリで認証エラーが発生中、タイムラインが更新されない不具合 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.