ネットサービス

Twitter APIの利用ルールが変更となりリクエスト回数が基本毎時60回以内に


Twitterを使用している人の中には、ブラウザから直にツイートするのではなくサードパーティー製のクライアント経由で利用しているという人も多いと思いますが、そういったアプリケーションで使用するTwitter APIの利用ルールが変更となります。かなり大きな変更なので、開発者だけではなく、ユーザへの影響も大きくなりそう。

Changes coming in Version 1.1 of the Twitter API | Twitter Developers



Twitterブログ: Twitter API v1.1でのAPI利用ルールの変更について



現在、Twitter APIのバージョンは「1.0」ですが、数週間以内にバージョン1.1の提供が始まる予定で、1.0と1.1の間での大きな変更点は以下の3点です。

・すべてのAPIエンドポイントの承認
・エンドポイントごとのレートリミット方式を採用
・特にTwitterクライアントに関連する今後の開発者ルールの予定


まず、Twitter API v1.0では一定のエンドポイントまでは承認なしで利用可能になっています。Twitter社ではアプリケーションのIPアドレスを認識しているだけなので、APIをボットやスクレイピング(データ抽出)目的で利用している割合が非常に高くなっています。こういった悪意ある利用を防ぐために認証プロセスが追加されたため、API v1.1ではアクセスごとにすべて承認が必要となります。

すでにOAuthを使用している場合、API v1.0で使っている認証トークンはそのままAPI v1.1へ移行されます。OAuthを使用せずにTwitter APIを利用している場合、アプリケーションを2013年3月までにOAuthを使用する形へと更新する必要があります。API v1.0からAPI v1.1への移行期間は、API v1.1がリリースされてから6ヶ月間です。

次に、API v1.0ではリクエスト回数の制限は、そのリクエスト内容がどういった情報であるかに関わらず、1時間に350回でした。しかし、この画一的なやり方だと、Twitterリソースの乱用を防止するため、必要なリクエストに対するアクセス提供が制限されていました。そのため、API v1.1では基本的にリクエスト回数を1時間に60回と定め、その上でツイート表示、プロフィール表示、ユーザ検索などアクセスが多数必要になるAPIについては別途1時間720回まで提供するという形に変更されます。Twitterによれば、ほとんどのAPIはこの「1時間60回まで」というルールで問題ないとのことで、詳細なドキュメントはAPI v1.1リリースと同時に出されることになります。

そして最後に、開発者ルールの変更についてです。

これまでの「表示指針(ガイドライン)」は「表示要件(必要条件)」に変更されます。つまり、ツイートを何かに表示させるようなサービスを提供している場合、ユーザー名(GIGAZINEであれば「@gigazine」)からプロフィールへのリンク、適切なツイートアクション(RTや返信、お気に入り)の表示、それぞれのデバイスに応じたツイート表示が行われることが必須となります。この表示要件に沿わない形でツイートを表示させる場合、アプリケーションキーを無効にする、すなわちTwitter APIへのアクセス許可が取り消されることもあり得るとのこと。

また、携帯電話やスマートフォンなどの端末、SIMカード、チップセットなどにクライアントアプリケーションをプリインストールする場合は、Twitter社による承認が必要となります。これは開発者がユーザへ“最高のTwitter体験”を提供していることをTwitter社が確認したいという考えからで、承認を受けずにプリインストールした場合、アプリケーションキーを無効にすることがあります。

そしてユーザトークンについて。アプリケーションが100万以上という大量のトークンを使用する、つまりユーザ数が100万人を越える場合、開発者はTwitter社と直接交渉する必要があります。これは、Twitter社がここ数年かけてAPI利用増加の傾向を見て、ユーザの利益、開発者のビジネスのために何かできるのではないかということに気付いたからだそうです。

これとは別に、タイムラインや設定、DMなどへのアクセスが必要なTwitterクライアントを開発しているのであれば、ユーザが10万人以上になったときにTwitter社への連絡が必要だとのこと。すでに10万人をオーバーしているのであれば、今日の時点でのユーザ数の200%のトークンが発行されますが、それも満員になった場合はTwitter社の許可が必要となります。

・関連記事
Twitterが過去のツイートをすべて見られるよう作業中だとCEOが明らかに - GIGAZINE

Twitterまとめサイト「Togetter」まとめランキングベスト20 - GIGAZINE

Twitter公式のアクセス解析「Twitter Web Analytics」新登場、ツイートボタンの効果測定が可能に - GIGAZINE

アニメの人気度をTwitter言及数からグラフ化する「アニメソーシャル解析」 - GIGAZINE

「突然の死」をTwitterへ簡単に送り出せる「突然の死ジェネレータ」 - GIGAZINE

音楽ファイルをアップロードしてTwitterやFacebookでみんなと共有できる「TwitSound」 - GIGAZINE

in ネットサービス, Posted by logc_nt