ネットサービス

SpaceXが移動中でもStarlinkが使えるようになる車載アンテナ「The flat high-performance Starlink dish」を発表


イーロン・マスク氏設立の宇宙企業・SpaceXが、衛星通信インターネットサービス「Starlink」に移動中の車でも接続できるようにする車載アンテナ「The flat high-performance Starlink dish」を発表しました。記事作成時点で一部市場のみで予約注文が可能で、2022年12月から出荷が開始されます。

STARLINK FOR RV
https://www.starlink.com/rv


Works on any moving land object https://t.co/Xu4qKJW4D9

— Elon Musk (@elonmusk)


Starlinkは外出先からもインターネットを利用できる「Starlink for RV」を提供しています。このStarlink for RVでは組み立て・分解が簡単なアンテナが配布され、出先でもすぐにアンテナを設置してインターネットに接続することができるように設計されています。そのまま車でStarlinkを利用できる地域に移動すれば、インターネットに接続することができるようになります。


しかし、これまでのStarlink for RVは、移動中だとアンテナを設置できないため、インターネットにアクセスすることができませんでした。

そこで発表されたのが、The flat high-performance Starlink dishです。アンテナの実物は以下の通り。車両に常設することが想定されており、走行中に空気を流すようにおよそ8度の傾斜がついているほか、耐候性も向上しているとのこと。


The flat high-performance Starlink dishの価格は2500ドル(約36万5000円)で、一般的なアンテナの4倍以上。そして、移動中にインターネットに接続するためのサービス「Starlink for RV」のサービス料金は月額135ドル(約1万9700円)です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
航空機内で衛星ネットを利用可能にする「Starlink Aviation」2023年開始、最大350Mbpsで「家でネットにアクセスするのと同じ体験」とイーロン・マスクが豪語 - GIGAZINE

SpaceXがヨット専用衛星インターネット「Starlink Maritime」を発表、気になる料金は? - GIGAZINE

世界中どこでも衛星通信インターネットを実現する「Starlink」の通信速度がユーザー増加とともに低下しつつあることが判明、その実態とは? - GIGAZINE

SpaceXの衛星インターネット「Starlink」が田舎の公立学校で導入され始めている - GIGAZINE

Starlinkのアンテナはどのように人工衛星と通信しているのか? - GIGAZINE

SpaceXとT-Mobileが携帯電話とStarlinkの衛星を直接通信可能にする計画を発表 - GIGAZINE

・関連コンテンツ

in ネットサービス,   ハードウェア, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.