ネットサービス

爆速ネット通信を人工衛星経由で地球上どこでも可能にする「StarlinkPremium」をイーロン・マスクが発表、ダウンロード速度最大500Mbps・アップロード速度最大250Mbps


衛星インターネットサービスとして他社より高いパフォーマンスを発揮している「Starlink」が、さらに高速なネット通信を実現する「Starlink Premium」の提供を開始することが明らかになりました。

Starlink Premium
https://www.starlink.com/premium

SpaceX Starlink premium: Satellite internet tier at $500 per month
https://www.cnbc.com/2022/02/02/spacex-starlink-premium-satellite-internet-tier-at-500-per-month.html

「Starlink」を運営している宇宙企業のSpaceXは、2022年第2四半期のサービス開始に向けて、「Starlink Premium」向けのアンテナの予約を受付中です。この「Starlink Premium」向けアンテナは従来の「Starlink」のアンテナよりも大きく、速度も高速化してダウンロード速度は最大500Mbps、アップロード速度は最大250Mbpsに達するとのこと。


SpaceXの創業者であるイーロン・マスク氏のツイートによれば、面積が2倍になることでより広いスキャン角度を実現しているそうです。


「プレミアム」とつくだけあって価格も標準のサービスより高くなり、保証金が500ドル(約5万7000円)で、アンテナ代とルーター代が2500ドル(約28万6000円)、さらに月額費用が500ドル必要ですが、標準サービスの提供対象が特定の住所に制限されていたのに対して、どこからでも接続が可能だとのことです。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
GoogleがSpaceXのStarlinkと提携、地球上のどこからでもGoogle Cloudプラットフォームへアクセス可能に - GIGAZINE

衛星インターネット・Starlink用のアンテナを自動車のボンネットに取り付けてしまった人が登場 - GIGAZINE

Starlinkのパラボラアンテナに猫が集まりまくる現象が確認される - GIGAZINE

SpaceXの衛星インターネット「Starlink」の使用者に対して最大140万円の罰金刑をロシアが検討 - GIGAZINE

SpaceXの衛星インターネット「Starlinkを使うな」とインド政府が名指しで勧告、ライセンス未承認のため - GIGAZINE

SpaceXが展開する衛星インターネットサービス「Starlink」が抱える問題点とは? - GIGAZINE

in ネットサービス,   ハードウェア, Posted by logc_nt

You can read the machine translated English article here.