ゲーム

ゲーマーがテレビゲームにあまりお金を使わなくなってきていることが判明


調査企業のNPDグループが、2022年第2四半期(4~6月)におけるアメリカの消費者によるビデオゲーム関連支出をまとめたレポートを公開しました。このレポートによると、アメリカ市民の同期におけるゲーム関連支出は前年同期比で13%減の123億5000万ドル(約1兆6500億円)となっています。

The NPD Group: Second Quarter 2022 US Consumer Spending on Video Game Products Decreased 13% to $12.35 Billion - The NPD Group
https://www.npd.com/news/press-releases/2022/the-npd-group-second-quarter-2022-us-consumer-spending-on-video-game-products-decreased-13-to-12-35-billion/

NPDグループの調査によると、2022年第2四半期のアメリカにおけるビデオゲーム関連総支出は前年同期比で13%減の123億5000万ドルです。コンテンツ支出は前年同期比で13%減で109億7000万ドル(約1兆4700億円)に達し、サブスクリプションコンテンツ関連の支出は唯一前年同期比で微増を記録しており、ハードウェア関連の支出は前年同期比で1%減、アクセサリ関連の支出は前年同期比で11%減を記録しています。


新型コロナウイルスのパンデミックによりゲーム市場の需要は急増してきましたが、2022年に入ってこの需要には陰りが見えてきています。

そんな中でも「非モバイル分野におけるサブスクリプションコンテンツ」の支出は、唯一成長を続けているそうです。一方で、モバイルコンテンツは最も支出が減少傾向にあるカテゴリとなっています。別の市場調査会社であるSensor Towerの調査によると、2022年第1四半期(1~3月)のモバイルゲームへのアメリカにおける消費者支出は、前年同期比で12%減となっています。


Sensor Towerの責任者であるランディー・ネルソン氏は、「アメリカでの生活がニューノーマルに戻り始めたことで、消費者がこれらのタイトルに関与する機会が少なくなり、モバイル支出が減少傾向に傾くと予測されていました。しかし、現在の経済環境はより急速な需要の減少に寄与しています。それでもアメリカの消費者によるモバイルゲームへの支出は、新型コロナウイルスのパンデミック前よりも高いままです」と語っています。ただし、ネルソン氏は「当初、2022年のアメリカのモバイルゲーム業界の収益は2021年の収益を超えると予測されていました。しかし、今後数カ月における経済の不確実性は、間違いなくその展開に影響を与えるでしょう」とも述べました。

2022年第2四半期に特に多くプレイされたゲームとしては、Among Us、アングリーバード 2、Bingo Blitz、Call of Duty: Warzone、Candy Crush Saga、Candy Crush Soda Saga、Clash of Clans、Coin Master、ディアブロ イモータル、エルデンリング、Evony: The King’s Return、フォートナイト、グランド・セフト・オート V、Homescapes、星のカービィ ディスカバリー、レゴ スター・ウォーズ/スカイウォーカー・サーガ、Madden NFL 22、マリオカート8 デラックス、マインクラフト、MLB The Show 22、ポケモンGO、Roblox、Royal Match、The Sims 4、State of Survivalが挙げられています。


NPDグループのアナリストであるマット・ピスカテラ氏は、「食料やガスなどの日常的な支出のカテゴリにおける価格の上昇、旅行やライブイベントなどに関する支出の復活、新しいゲームのより頻繁なリリーススケジュール、継続的な新世代ゲーム機の供給不足が、ゲーム分野の支出減少につながっている可能性があります」と言及。ゲーム市場における消費者支出は新型コロナウイルスのパンデミック以前よりも高い水準にありますが、「予測不可能で急速に変化する状況は、今後数四半期にわたり予想外の方法で市場に影響を与える可能性があります」ともピスカテラ氏は指摘しています。

なお、2022年第2四半期におけるゲーム関連ハードウェアの販売台数はNintendo Switchが最も多かったものの、PlayStation 5も過去最高の四半期売上高を記録しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
2022年のゲーム市場への支出は前年比8.7%減の7.5兆円になるとの予測、PS5の品薄やパンデミックによる需要減少が原因 - GIGAZINE

2022年第1四半期のモバイルゲーム売上ランキング上位は「王者栄耀」「PUBGモバイル」「原神」と中国企業が独占 - GIGAZINE

ゲーミングPC&ゲーミングモニターの出荷台数は世界的な半導体不足にもかかわらず成長し続けるという予測 - GIGAZINE

Steamの同時接続者数が2600万人を突破、新型コロナによるゲーム需要の増加は2021年も継続中 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症の流行でボードゲームやパズルなどの娯楽商品の需要が増えている - GIGAZINE

in モバイル,   ソフトウェア,   ゲーム, Posted by logu_ii

You can read the machine translated English article here.