メモ

過去最高額の総額600億円超の暗号資産がハッキングにより盗まれる


異なる暗号資産を直接交換できるクロスチェーン技術を提供するプラットフォーム「Poly Network」がハッキングを受け、イーサリアム(ETH)やBinanceコイン(BNB)など総額6億1100万ドル(約680億円)相当の暗号資産が流出しました。

At least $611 million stolen in massive cross-chain hack
https://www.theblockcrypto.com/post/114045/at-least-611-million-stolen-in-massive-cross-chain-hack

2021年8月10日、Poly Networkがハッキングを受けたことをTwitterで報告し、盗まれた暗号資産の送金先であるイーサリアム・Binance・USDコイン(USDC)のアドレスを公開しました。また、影響を受ける暗号資産のマイナーと取引所に対し、該当のアドレスから送られてくるトークンをブラックリストに載せるよう呼びかけました。


このことを受け、暗号資産のテザー(USDT)を扱うTetherが盗まれた3300万ドル(約40億円)分のイーサリアムで発行したUSDTをブラックリストに載せたと報告しました。なお、USDTがブラックリストに載ったことをハッカーに知らせたというユーザーは見返りに13.37ETH(約470万円)をもらったと報告しました。

海外メディアのThe Blockは、このハッキングにより2億7300万ドル(約300億円)のイーサリアム、2億5300万ドル(約280億円)のBinanceコイン、約8500万ドル(約90億円)のUSDコインが盗まれたと見積もっています。


Poly Networkは「予備調査の結果、ハッカーはコントラクトの呼び出しの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用したことが分かった」と述べました。また、ブロックチェーンセキュリティ企業のSlowMistは「ハッカーのメールアドレスやIPアドレスなどを追跡している」と報告。SlowMistによると、ハッカーの元の資金はモネロ(XMR)であり、その後取引所でBNBやETHに交換したとのこと。SlowMistは「このハッキングは組織化され、長期に計画された攻撃である可能性が高い」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
約160億円相当の仮想通貨が大規模なハッキングを受けた仮想通貨取引所から流出か - GIGAZINE

4000億円相当のビットコインと共に暗号資産投資企業の若き創設者兄弟が失踪 - GIGAZINE

世界を脅かす北朝鮮のサイバー攻撃能力はどれほど強力なのか? - GIGAZINE

北朝鮮のハッカーが数億円相当の仮想通貨を中国人トレーダーと共謀し横領 - GIGAZINE

1日で35億分の1の価格に大暴落した暗号資産「TITAN」では一体何が起きているのか? - GIGAZINE

2億3000万円分のビットコインをFBIがサイバー犯罪集団から押収、「暗号資産の安全性が揺らいだ」とビットコインの市場価格は急落 - GIGAZINE

in Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.