メモ

4000億円相当のビットコインと共に暗号資産投資企業の若き創設者兄弟が失踪


ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は単なる法定通貨の代替としてだけでなく、投資対象としても強い人気を誇っています。ところが南アフリカでは、2021年4月に暗号資産投資プラットフォーム「Africrypt」の創業者である兄弟が姿をくらまし、当時のレートで換算して36億ドル(約4000億円)相当のビットコインが失われてしまったと報じられました。

South Africa Africrypt Bitcoin Scam?: Cajee Brothers Missing Along With Billions - Bloomberg
https://www.bloomberg.com/news/articles/2021-06-23/s-african-brothers-vanish-and-so-does-3-6-billion-in-bitcoin

South African Brothers Vanish With Bitcoin Worth R54 BILLION From "Investment Platform"
https://iharare.com/south-african-brothers-vanish-with-bitcoin-worth-r54-billion-from-investment-platform/

South Africans lose ‘billions’ in Africrypt crypto scam | ITWeb
https://www.itweb.co.za/content/j5alr7QaVRg7pYQk

南アフリカの暗号資産投資プラットフォームであるAfricryptは、2019年にRaees Cajee氏とAmeer Cajee氏という兄弟によって設立されました。アフリカのメディアであるiHarare newsによると、兄でありAfricryptの最高経営責任者(CEO)を務めるRaees氏は記事作成時点で21歳、最高執行責任者(COO)を務める弟のAmeer氏は18歳と、非常に若い起業家だったとのこと。

以下が、Raees Cajee氏(左)とAmeer Cajee氏(右)の写真です。


Africryptは投資家に対して高いリターンを提供することで資金を集め、一部の投資家は1億円以上も投資を行っていたと報じられています。Cajee兄弟は自らも暗号資産を採掘していると主張し、所有するコンピューターで「10万枚以上のイーサリアムを採掘した」と説明していました。ところが専門家は、南アフリカの電力コストや不安定な発電能力を考慮すると、これほどのイーサリアムを南アフリカで採掘することは不可能だと指摘。なお、トロント証券取引所に上場している暗号資産採掘企業のHive Blockchain Technologiesでさえ、2020年に採掘できたイーサリアムは7万1660枚だったそうです。

多額の投資を集めていたAfricryptでしたが、2021年4月13日にAmeer氏が投資家らに「Africryptがハッキングの被害を受けた」と通知しました。Ameer氏は、Africryptが運営を停止せざるを得なくなり、盗まれた資金や侵害された情報の取得を試みるプロセスを開始したものの、完了するまでに時間がかかるだろうと説明。また、顧客自らが法的解決に乗り出すことは回復プロセスの遅れにつながるため、今は辛抱するようにとも述べていました。その後、Africryptはオフラインとなり、それ以降のやり取りはできなくなったとのこと。


この通知に不信感を持った一部の投資家らは、法律事務所のHanekom Attorneysを雇って問題の調査を開始しました。Hanekom Attorneysに所属するDaren Hanekom弁護士は、「(Africryptの)発表が投資家に法的措置を執らないように促したので、すぐに疑わしいと思いました」とコメント。また、Africryptの従業員は「ハッキング」が起きる1週間前に取引プラットフォームにアクセスできなくなり、4月中に解雇されたこともわかっています。

約20人の投資家らの訴えを受けたハウテン南高等裁判所は、4月26日にRaees氏とAmeer氏に暫定的な清算命令を下し、兄弟は異議を申し立てるには7月19日までに手続きを行う必要があるとのこと。しかし、記事作成時点では兄弟は姿をくらませており、Africryptのコンプライアンス責任者だったDaniel Opperman氏も、2人に何が起こったのか、今どこにいるのかを推測することはできないと述べました。

今回の騒動でAfricryptから失われた総額は、6万9000ビットコイン(2021年4月のレートで36億ドル/約4000億円)に達するともいわれています。Hanekom弁護士は、「540億南アフリカランド(約4200億円)が南アフリカのアカウントからビットコインのブロックチェーンを介して送金され、残念ながら現在は完全に散逸しています」と述べており、調査からはダークウェブで資金洗浄が行われたことが判明したそうです。


南アフリカの金融当局であるFinancial Sector Conduct Authority(金融業界行為監督機構/FSCA)もAfricryptの件を調べているものの、南アフリカでは暗号資産は法的には金融商品とみなされないため、正式な調査を開始することはできないとのこと。しかし、南アフリカ警察の組織犯罪対策部門・ホークス(Hawks)に、Africryptの報告書が引き渡されたと報じられています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
暗号資産取り締まりでトルコの大手取引所が活動を停止 - GIGAZINE

「暗号資産は犯罪の温床」という言説は正しいのか?プライバシー特化型暗号資産「Monero」の場合 - GIGAZINE

中国政府がビットコインのマイニング&取引を全面禁止する可能性 - GIGAZINE

なぜインドで3000億円のビットコイン詐欺が発生したのか? - GIGAZINE

インドが暗号資産の全面禁止を検討、「保有」すらも罰則へ - GIGAZINE

ビットコインが中国の規制強化でついに3万ドル(約330万円)を割り込む、長期的にはビットコインにプラスとの声も - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1h_ik

You can read the machine translated English article here.