ハードウェア

2.6兆個ものトランジスタを搭載した大型チップ「Wafer Scale Engine 2」をCerebrasが開発


2021年4月20日、機械学習やディープラーニング専用のチップを製作する企業「Cerebras Systems」が、ウェハーに2.6兆個ものトランジスタを搭載したコンピューターチップ「Wafer Scale Engine 2(WSE2)」を開発したと発表しました。

We’re serving up a record-breaking chip. It contains 2.6 trillion transistors and covers more than 46,225 square millimeters of silicon, about the size of a dinner plate. pic.twitter.com/vg272j5E6A

— Cerebras Systems (@CerebrasSystems)


Cerebras’ New Monster AI Chip Adds 1.4 Trillion Transistors - IEEE Spectrum
https://spectrum.ieee.org/tech-talk/semiconductors/processors/cerebras-giant-ai-chip-now-has-a-trillions-more-transistors


WSE2は20cm×22cmの面積に2.6兆個のトランジスタ、85万基のコア、40GBのオンチップメモリを搭載しています。Cerebras Systemsは2019年に1兆2000億個のトランジスタを搭載したチップ「Wafer Scale Engine(WSE)」を開発していましたが、WSE2はほとんどの性能において倍以上の進化を遂げています。WSEとWSE2のスペック比較表は以下の通り。

 

WSE 2

WSE

サイズ

4万6255 mm 2

4万6255 mm 2

トランジスタ

2.6兆

1.2兆

コア

85万

40万

オンチップメモリ

40GB

18GB

メモリ帯域幅

20PB/s

9PB/s

ファブリック帯域幅

220Pb/s

100Pb/s

製造プロセス

7nm

16nm


WSEからの変更点として最も大きい点は製造プロセスです。WSE2ではTSMCの7nmプロセスを採用し、トランジスタの密度を倍以上に高めたことで、速度が40%向上、消費電力が60%低下しているとのこと。


チップそのもののサイズがWSEから変更されていない理由は、このサイズが大量生産できる限界のサイズであるからとCerebras Systemsは説明しています。Cerebras SystemsのヴァイスプレジデントであるDhiraj Malik氏は「AIコンピューティングの情報処理速度には大きなチップが重要です」と語り、Cerebrasは新しくなったWSEをさまざまな顧客に提供していく方針です。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
半導体製造大手のTSMCのシリコンウエハーに汚染問題発生、NVIDIAやHuaweiなどに影響が出る可能性 - GIGAZINE

1兆2000億個ものトランジスタを搭載した史上最大のコンピューターチップが開発される - GIGAZINE

1兆2000億のトランジスタ数を誇る世界最大のチップ「Wafer Scale Engine」によるシミュレーションは物理法則を超えるほど爆速 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1p_kr

You can read the machine translated English article here.