試食

お湯を注いで5分で14種類のスパイスが香る本格的なスパイスカレーが食べられる「日清スパイスカレー カレーメシ おしゃれチキン」試食レビュー


チキンのうまみをベースに14種類のスパイスが香り立つ「日清スパイスカレー カレーメシ おしゃれチキン」が2021年3月15日(月)より登場しています。お湯を注いで混ぜるだけで「スパイスがドーン!!」「チキンの旨みがドーン!!」なスパイスフルな味わいが楽しめるとのことなので、実際に購入して食べてみました。

「日清スパイスカレー カレーメシ おしゃれチキン」(3月15日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/9286

これが「日清スパイスカレー カレーメシ おしゃれチキン」のパッケージ。


フタの上には「無駄に香り立つ特製スパイス」の小袋がくっついていました。


側面を見てみると辛さレベルは中辛とのこと。


原材料名にはライス、カレールゥと並びますが、カレールゥにはオニオン・ペパー・ジンジャー・コリアンダー・ガーリック・レッドペパー・カルダモン・ウコン・ローズマリー・マスタード・山椒・ナツメグ・クローブ・スターアニスなど、かなり多くのスパイス名が含まれていました。


カロリーは1食91gあたり401kcal。


フタを開けると、米粒の中にカレールゥが埋もれていました。この時点で特に香りなどはありません。


具材はニンジンとチキン。


カップの内側の線までお湯を注いで……


5分待機。


5分後、フタをあけると、「これ、ちゃんとカレーになるのだろうか?」という水っぽい感じでしたが……


くるくるスプーンでかき混ぜているとカレーっぽい見た目になってきました。


最後に特製スパイスをふりかけたら……


完成。特製スパイスを振りかける前は定番のカレーメシっぽい香りだったのですが、この追いスパイスの香りがめちゃくちゃ強く、ナツメグ・クローブ・スターアニスなど、独特のよい香りがぶわっと広がり、部屋がスパイスカレー屋さんのようなオリエンタルな雰囲気に。


ルゥの中にもしっかりスパイスが入っているのか、口の中に入れた瞬間に複雑なスパイスの香りやほんのりとした苦み、清涼感、独特のしびれ感などが広がります。直接的な唐辛子の辛さはそこまで強くないのですが、じわじわと刺激が続くので、食べるごとに体が温まり、じんわり汗がにじんできました。具材の存在感はほとんどないのですが、うまみの強いチキンカレーの上にスパイスの華やかさが感じられるので、スパイスカレー好きにはたまらない仕上がりです。


なお、「日清スパイスカレー カレーメシ おしゃれチキン」は税別230円となっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「麻薬的」と評され中毒者続出という本格インドカレーのパイオニア「デリー」の味をおうちで簡単に楽しめる「BALMUDA The Curry」を実際に作って食べてみました - GIGAZINE

40種類のスパイスを使ったスープストックトーキョーのカレー居酒屋「YELLOW」でちょっとずついろいろ食べてきた - GIGAZINE

スパイスも具もたっぷりなスリランカのカレーを勇気を出して食べてみました - GIGAZINE

香り高くスパイシーな専門店風本格カレーが15分で作れるエスビーの「本挽きカレー」を使って鶏・豚・牛でカレーを作ってどれが一番うまいか確かめてみた - GIGAZINE

ピリッとスパイスと酸味が効いたインド料理「タンドリーチキン」を簡単・短時間で作れる業務用調味料「マギー スパイスイット タンドリーチキン」レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.