試食

トマトの酸味とバターのコクが濃厚な旨みを呼ぶ「日清バターチキン カレーメシ まろやか」は湯を注ぐだけなのに本格的でスパイシー


日清食品のカップライス「カレーメシ」シリーズで、「日清バターチキン カレーメシ まろやか」が2020年9月7日(月)から登場しました。熱湯を注いで5分待つだけで、幅広い世代に人気のあるバターチキンカレーを楽しめるとのこと。どこまでバターチキンカレーを再現できているか気になったので、実際に食べてみました。

「日清バターチキン カレーメシ まろやか」(9月7日発売) | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/news/8812


日清バターチキン カレーメシ まろやか | 日清食品グループ
https://www.nissin.com/jp/products/items/10086


日清バターチキン カレーメシ まろやかのパッケージはこんな感じ。


「トマトの酸味とバターのコクがナマステ!」というメッセージの下にはひっそりと「※女子ウケしますように(合掌)」という日清食品の願いが書かれていました。


辛さレベルは5段階中3段階目の「中辛」に設定されています。作り方は「湯を注いで5分待つ」のみ。


原材料名を見ると、カレールゥは豚脂、小麦粉、砂糖、食塩、クリーミングパウダー、トマトパウダー香辛料、乳等を主要原料とする食品、チキン調味料、オニオン調味料、バターオイルで構成されています。また、具材として味付鶏肉とにんじんが入っているとのこと。


カロリーは1食100g当たり436kcalです。


フタを開けてみると、ライスの中に乾燥した味付鶏肉とにんじんが混ざっていて、さらにその奥に茶色いカレールゥの塊が見えました。


お湯を注いで……


5分待ちます。


5分経ったら、よくかき混ぜます。ライスの中に沈んでいるカレールゥの塊をスプーンで掻き切るように混ぜるのがコツです。


よく混ざるととろみがつき、カレーらしい見た目に。食べてみると、バターの濃厚な風味とトマトのうま味と酸味が広がります。また、ジンジャーやガーリックを中心とするスパイスもしっかり効いていて、即席のバターチキンカレーとしてはかなり本格的な味わい。じわじわくる唐辛子の辛さが後味を引きますが、辛いものが苦手な人でも十分食べられる程度の辛さになっています。また、ややシャキッとしたにんじんや弾力のある味付鶏肉の食感もいいアクセントとなっていました。


日清バターチキン カレーメシ まろやかは全国のスーパーやコンビニエンスストアで購入可能。希望小売価格は税抜230円です。また、Amazon.co.jpでも6個セットが税込1490円で注文可能です。

Amazon | 日清 バターチキン カレーメシ まろやか 100g ×6個 | カレーメシ | インスタントごはん 通販

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
鶏肉・玉ねぎ・牛乳だけでクリーミーで濃厚なバターチキンカレーがたった15分で完成する「こくまろバターチキンカレー」を作ってみた - GIGAZINE

「チキンラーメンを砕いてキャベツにかける」レシピを製品化した「チキンラーメン キャベサラダ」を実際に作って食べてみた - GIGAZINE

4種の醤で深い旨辛スープを実現した「スーパーカップMAX 辛味噌タンメン」を食べてみた - GIGAZINE

ラ王史上最も太い「踊る極太麺」に豚キムチスープがガッツリと絡む「日清豚ラ王 キムチ」を食べてみた - GIGAZINE

「二郎系」を完全再現してしまった「日清焼そばU.F.O.大盛 汁なし豚らーめん ニンニク背脂醤油味 卵黄ペースト付」試食レビュー - GIGAZINE

in 試食, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.