ハードウェア

AIやロボットを導入した企業はむしろ雇用が増えるという研究結果


現代に存在するあらゆる製品は、製造や品質管理、出荷の工程で人工知能(AI)やロボットが関わっているものがほとんどで、「ロボットは人間の雇用を奪う」という意見もよく聞こえてきます。ペンシルベニア大学ウォートン校のリン・ウー教授の新たな研究では、これまでの常識に反して「ロボットを導入した企業の総雇用はむしろ増えて、ロボットを導入しなかった企業の総雇用は減る」「ロボットを導入するとむしろ単純労働者は増えて、管理職が減る」といったことが判明しています。

The Robot Revolution: Managerial and Employment Consequences for Firms by Jay Dixon, Bryan Hong, Lynn Wu :: SSRN
https://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=3422581

Robots on the job: What’s the real impact for their human counterparts? | Resoundingly Human Podcast
https://pubsonline.informs.org/do/10.1287/orms.2020.05.34p/full/

The Robot Revolution: Managerial and Employment Consequences for Firms | Mechanical and Aerospace Engineering
https://mae.osu.edu/events/2020/11/robot-revolution-managerial-and-employment-consequences-firms

ウー教授らは、カナダ統計局が公開している2000年から2015年までの税務申告データに基づいた企業の雇用と財政状況のデータセット「National Accounts Longitudinal Microdata File(NALMF)」と、同統計局のビジネス・労働市場分析部門と労働統計部門が管理している従業員の質と雇用状況に関する横断的な調査「Workplace and Employee Survey(WES)」などの大規模な統計データを元に、「AIやロボットの導入と人間の雇用の関係」について分析を行いました。


分析の結果、「ロボットが人間の雇用を奪う」という従来の常識に反して、実際はAIやロボットを導入した企業の総雇用は時間の経過と共にむしろ増えるという傾向がみられたとのこと。一方でAIやロボットを採用していない企業には競争力の低下が生じ、労働者を解雇せざるを得ない状況に陥る傾向が確認されたそうで、AIやロボットの導入は「ライバル企業の雇用を奪う」という現象を引き起こしています。

さらに、これまでの常識では「ロボットは単純労働者の雇用を奪う」とされていましたが、実際には「単純労働者の雇用はむしろ増えて、管理職の雇用が減る」ことが判明しています。ウー教授によると、この現象はAIやロボットが労働者のスケジュール管理や業務確認などをミスなく行えることが原因で、ウー教授は「ロボットは自分が行った業務を正確に記録できる上に数字をごまかすこともなく、管理にかかるコストは不要です」と解説しています。


また、AIやロボットよって、高校卒業資格ないしは準学士号を有する中スキル労働者の雇用は減少しますが、高校卒業資格を持たない低スキル労働者と大学卒業資格を有する高スキルの労働者の需要はむしろ高まることも明らかになっています。この現象について、「ロボットはピッキングや梱包などに従事する低スキル労働者を管理するには向いていません」とウー教授はコメント。高スキル労働者に関する結果は「やや不確かです」と言及しつつ、「高スキル労働者は仕事を自分自身で管理できるため、ロボットの効果が少ないのでは」と推測を述べています。

ウー教授はAIやロボットを導入したいと考えている企業に対して、「人件費の節約ではなく、製品とサービスの品質を向上させるためにロボットを導入するべきです」「ロボットを生かすためには、作業プロセスの再設計が必要です」とアドバイス。品質向上こそがロボットの運用に適していると述べて、「人件費の節約を目的としている場合は、ガッカリするかもしれません」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
AIによる自動化が雇用の減少をもたらすとは限らない、逆に雇用が増加する可能性もある - GIGAZINE

「産業用ロボットを導入している企業」と「しない企業」の圧倒的な差をグラフで可視化するとこうなる - GIGAZINE

ロボットやAIによって仕事を奪われないために人間はどう適応すればいいのか? - GIGAZINE

人間が労働力をAIに奪われないよう対抗するには「余暇」が重要かもしれない - GIGAZINE

ロボットが人間の仕事を奪う事態は起こりそうにないとするOECDの調査結果、その理由は? - GIGAZINE

in ソフトウェア,   ハードウェア, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.