レビュー

4K・60fpsのゲーム動画を配信&録画可能なキャプチャーボード「AVerMedia Live Gamer 4K GC573」をPCに組み込んでみた


技術の進歩によって家庭用ゲーム機でも4K解像度でのゲームプレイが可能になり、2020年11月12日(木)に登場するPlayStation 5と、2020年11月10日(火)に登場するXbox Series Xは、4K/120fps・HDRに対応しています。これらのゲーム機のプレイムービーを録画・共有するためには、キャプチャー用のデバイスも4K/120fpsに対応している必要がありますが、記事作成時点では4K/120fps・HDRに完全対応したデバイスはほとんど存在しません。そんな中で、AVerMediaのキャプチャーボード「Live Gamer 4K GC573」は4K/60fps・HDRのゲーム映像を録画可能で、パススルー出力機能も搭載しているということなので、PS5やXbox Series Xに備えるべく、PCに組み込んでみました。

Live Gamer 4K(GC573) | 比較する | AVerMedia
https://www.avermedia.co.jp/jp/product-detail/GC573

AVerMedia Live Gamer 4K GC573のパッケージはギラッと紫色に輝いていて、「4K HDR」対応がアピールされていました。


Live Gamer 4K GC573はPCI Express x4 Gen2接続で、出入力はHDMI 2.0です。また、エンコード形式はソフトウェアエンコードで、キャプチャー画面と出力画面のラグが少なめなのが特徴。4K・60fpsを配信・録画するための推奨スペックは、CPUがSkylake世代(第6世代)以降のIntel Core i5もしくはIntel Core i7シリーズ、グラフィックボードはNVIDIA GeForce GTX 1060以上、メインメモリが8GB以上となっています。


内容物はLive Gamer 4K GC573本体、HDMIケーブル、クイックガイド、ライセンスキーコード。


本体はこんな感じで、黒いヒートシンクに覆われています


側面にはLEDライトで光るロゴパネルがあります。


接続ポートはHDMIの入力が1つ、HDMIの出力が1つ。


裏面はこんな感じ。


付属していたHDMIケーブルは、伝送速度10.2GbpsでHDMI 1.3~1.4対応のHigh Speed HDMI規格でした。


編集部に置かれているデスクトップPCに、Live Gamer 4K GC573を組み込みます。なお、スペックはCPUがIntel Core i7-6800K、メモリが64GB、グラフィックボードがGeForce GTX 1080です。


まずはPCをシャットダウンし、電源スイッチをオフにします。


今回は10Gネットワ​​ークアダプタのASUS 10GBASE-T XG-C100Cと交換する形でLive Gamer 4K GC573を取り付けるため、まずはASUS 10GBASE-T XG-C100Cを取り外します。


Gamer 4K GC573を装着。


PCケースを閉じて、デバイスマネージャーを起動してハードウェアの接続を確認すると、未確認のデバイスとして「マルチメディアビデオコントローラー」が検出されていました。


ハードウェアの接続はできているので、今度はLive Gamer 4K GC573のドライバーをインストールします。公式サイト下部にある「ダウンロード」から「ドライバー」タブを選び、「ダウンロード」をクリックし、Live Gamer 4K GC573のドライバー・ファームウェアをダウンロード。ドライバーのインストーラーはZIP形式で配布されており、容量は8.87MBです。


ダウンロードしたZIP形式のファイルをExplzhやWindows標準の解凍機能などで解凍し、EXE形式のインストーラーを起動し、ファームウェアのインストールを行います。


このPCでは以前にAVerMediaのLive Gamer HD AVT-C985を導入したことがあったため、ファームウェアの更新が行われました。「次へ」をクリック。


ファームウェア更新の確認が表示されるので、「更新を開始」をクリックします。


ドライバーのインストールとファームウェアの更新が終わったので「シャットダウン」をクリックし、PCを再起動します。


再起動後にデバイスマネージャーを開いて、「AVerMedia Live Gamer 4K」と表示され、キャプチャーボードが正しく認識されていることを確認。


つづいて、Live Gamer 4K GC573に対応したAVerMedia公式のキャプチャーソフト・RECentralをダウンロードします。公式サイトのダウンロードで、「ソフトウェア」タブから「ダウンロード」をクリック。RECentralインストーラーはEXE形式で配布されており、容量は1.36MBです。


ダウンロードしたインストーラーを起動します。


インストールウィザードが起動。「次へ」をクリックします。


「使用許諾契約の条項に同意します」「RECentral向上の目的で、使用状況に関する情報を匿名でAVerMediaに送信することに同意します」にチェックを入れ、「次へ」をクリック。


インストール先フォルダを指定し、「次へ」をクリックすると、インストールが始まります。


インストールがをあったら「終了」をクリック。


終了後、RECentralが自動起動します。アップデートがある場合は、「ダウンロード」をクリックしてアップデートを行います。


設定ウィザードがスタートします。今回はPC上にゲーム動画を保存する「録画」を選択して「次へ」をクリック。


「映像ソースを選択」で、「Live Gamer 4K」と表示されていることを確認したら「次へ」をクリックします。


「録画を設定」では、録画するムービーのフォーマットと解像度、フレームレートを選択できます。デフォルトの「最高」で4K・60FPS対応に対応するので、「完成」をクリック。


「閉じる」をクリック。


これでLive Gamer 4K GC573とRECentralの設定は完了。なお、右上の歯車アイコンをクリックすると、細かい設定を行うことができます。


「一般」から「録画の保存先」で、入力したゲーム映像の録画の保存先を指定することが可能です。


Live Gamer 4K GC573の側面にあったロゴパネルはLEDライトを内蔵しており、ゲーミングデバイスではおなじみのカラフルな輝きを見せます。


ロゴパネルの輝きは、RECentralの設定画面で、「キャプチャーデバイス」から「Live Gamer 4K」から設定可能。輝きのオン・オフやタイミング、頻度やパターンを調整可能。


なお、Live Gamer 4K GC573の輝きのパターンは3通り。どんな感じで光るのかは以下のムービーを見るとわかります。

AVerMediaのキャプチャーボード「Live Gamer 4K GC573」がゲーミングデバイスおなじみの輝きを見せる様子 - YouTube



グラフィックボード出力を受けるPCモニタではキャプチャーした画面が、キャプチャーボードからのパススルー出力を受けたプレイ用モニターはプレイ用の画面が表示されます。キャプチャーした画面は、実際にテレビに繋いだ時よりもエンコードによるタイムラグが発生してやや遅れるため、アクションゲームや格闘ゲームなど、60分の1秒単位での操作が求められるゲームの操作に支障がでます。そのため、ゲームプレイの録画を行うためには、PC上にキャプチャーした画面とは別に、ゲームプレイ用の画面を用意するべきといえます。

Live Gamer 4K GC573は入力された映像信号を出力に流す「パススルー出力」機能が搭載されており、4K/60fps HDRのパススルー出力も可能です。スムーズにゲームをしながら録画するためには、以下の図のように、ゲーム機からLive Gamer 4K GC573のHDMI入力に接続し、グラフィックボードとキャプチャーボードからそれぞれモニターに出力する構成を用意します。


4K・60fpsがプレイできるPlayStation 5とXbox Series Xは、記事作成時点ではまだ発売されていません。そのため、今回はNintendo Switchで実際にパススルー出力できているかを確認します。


まずは左側のHDMI入力ポートに、Nintendo SwitchからのHDMIケーブルを差し込みます。


次に、右側のHDMI出力ポートからプレイ用のモニターへつなぐHDMIケーブルを差し込みます。


Nintendo Switchのスイッチを入れたところが以下の画像。左がプレイ用モニターで、右がキャプチャ用モニターです。


理論上では、キャプチャー画面は、パススルー出力画面に比べて少しラグが生まれます。しかし、Nintendo Switchのゲーム画面(1080p)を取り込む分には、プレイに支障があるレベルのラグはほとんどありませんでした。実際に2つの画面を並べながらゲームをプレイしているところが以下で、ラグがほとんどないことが確認できます。

AVerMedia「Live Gamer 4K GC573」のキャプチャー画面とパススルー出力画面はほとんどラグがない - YouTube


実際にこのLive Gamer 4K GC573を使ってゲーム実況をライブ配信するための設定も後日記事にまとめる予定なので、乞うご期待。


なお、AVerMediaのLive Gamer 4K GC573はAmazon.co.jpで、記事作成時点で税込3万6362円で購入可能です。

Amazon | AVerMedia Live Gamer 4K GC573 [4Kパススルー対応 PCIe接続 ゲームキャプチャーボード] DV490 | AVERMEDIA | TVチューナー・キャプチャーボード 通販
https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B07FDVYM6R/gigazine_bottom-22


・つづく

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
Nintendo Switchのムービーキャプチャー機能は30秒以上への拡張を計画中 - GIGAZINE

Nintendo Switchの本体だけでプレイ動画の撮影&投稿が可能になったので実際に使ってみた - GIGAZINE

貧弱なインターネット回線をたくさん束ねて強くできる「OpenMPTCProuter」レビュー - GIGAZINE


USB3.0でPCと接続できるフルHD/60fps対応キャプチャーユニット「XCAPTURE-1」などをMicomsoftブースで撮影してきた - GIGAZINE

フルHDのゲームプレイ録画がCPUに負荷をかけずにできるキャプチャボード「Live Gamer HD」を使ってみた - GIGAZINE

PT2を超えるらしい「DECULTURE PT2X2」は結局どうなったのか - GIGAZINE

in レビュー,   ハードウェア,   動画,   ゲーム, Posted by log1i_yk

You can read the machine translated English article here.