試食

牛が主役の吉野家「肉だく牛カレー」試食レビュー、新しくなった14種のスパイスの和風だしカレーとの相性を確かめてみた


吉野家のレギュラーメニューである「牛カレー」と比べて1.5倍量の牛肉をドーンとご飯にのせた「肉だく牛カレー」が、2020年8月6日(木)11時から登場しています。カレールウは大幅に刷新され、14種類のスパイスにクミンやカルダモン、クローブを追いスパイスし、醤油とかつおだしを効かせ、「吉野家の牛丼の具に最も合うように開発した」とのことなので、テイクアウトで食べてみました。

肉だく牛カレー | 吉野家公式ウェブサイト
https://www.yoshinoya.com/menu/curry/nikudaku-curry/

吉野家の牛肉を存分に味わえる新商品牛肉たっぷり『肉だく牛カレー』と『W弁当』を8月6日より販売開始
(PDFファイル)https://contents.xj-storage.jp/xcontents/AS08813/755a13a2/6db8/46c7/97d7/c8af03940c59/140120200804474391.pdf

ということで吉野家に行って……


テイクアウトで購入してきました。


まずは並盛から見ていきます。テイクアウトの場合、通常の牛丼並盛にカレールウが入ったカップがついてくるので、どう盛り付けるか少し悩みます。


いったん牛肉を端に寄せて……


できた隙間にドバーっとカレーをかけてみました。


こんな感じ。


「もっと牛肉を味わいたい方は『牛小鉢』(税抜167円)をご注文ください」とのことだったので、牛小鉢も買ってきました。肉だく牛カレーを牛肉で追うと……


肉々しいカレーの完成。


まずはカレー&ご飯だけで食べてみたところ、大幅刷新されたというカレーからはしょうゆと和風だしが香り、ローストした玉ねぎの甘みを感じる和な味わい。唐辛子は強くないのですが、新たに14種類のスパイスにクミンやカルダモン、クローブを追いスパイスしたとあって、じわじわスパイスの深みのある辛さを感じます。


牛肉と一緒に食べてみます。具材が複数のった丼の中には「別々に食べた方がいいのでは」という組みあわせもありますが、肉だく牛カレーはカレーのしょうゆ&スパイスが牛脂の旨みや甘みを引き立てていていい感じ。味がバラバラにならず全体がまとまりつつも、かめばかむほど後半に牛の旨みが広がります。


カレールー自体は具がないタイプなので、牛小鉢で牛肉を追ってもいい感じの量です。


大盛もテイクアウトしてみました。


これも端に牛肉を寄せて……


カレールーをのせると、並盛に比べてギリギリ感があります。


さらに牛小鉢で追うとこんな感じでした。


なお、肉だく牛カレーは並盛が税抜598円で791kcal、大盛は税抜648円で942kcalとなっています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
「麻薬的」と評され中毒者続出という本格インドカレーのパイオニア「デリー」の味をおうちで簡単に楽しめる「BALMUDA The Curry」を実際に作って食べてみました - GIGAZINE

「いなばのタイカレー缶レシピ」本といなばのタイカレー缶で実際にウマウマな料理を作ったらこうなりました - GIGAZINE

未年にちなんで「羊の脳みそカレー」を食べてきた - GIGAZINE

「材料を入れて放置」で驚異的な柔らかさの角煮などが完成、わずか3000円の超便利家電「スロークッカー」の威力を試してみました - GIGAZINE

40種類のスパイスを使ったスープストックトーキョーのカレー居酒屋「YELLOW」でちょっとずついろいろ食べてきた - GIGAZINE

in 試食, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.