ソフトウェア

OpenAIが超高精度な言語モデル「GPT-3」用いたAIモデルをAPIとして利用可能に、Wikipediaの内容を「質問」で検索するデモムービーも


非常に精度の高い文章を生成できるため「あまりにも危険過ぎる」と危惧されていた言語モデル「GPT-2」の開発元である「OpenAI」が、次世代文章生成言語モデルの「GPT-3」を用いたAIモデルが利用可能になるAPIを発表しました。これにより、OpenAIのAIモデルを製品に組み込んだり、AIモデルを駆使した新しいアプリケーションを開発したりすることが可能になります。

OpenAI API
https://openai.com/blog/openai-api/

OpenAI to sell its headline-grabbing text generator as an API
https://thenextweb.com/neural/2020/06/11/openai-to-sell-its-headline-grabbing-text-generator-as-an-api/

OpenAIがリリース予定のAPIは、任意の文章を特定のパターンとともに与えることで、補完された文章を得られるというもの。GPT-3ファミリーの重みが利用されており、誰でも簡単に使えるように設計されているとのこと。APIを利用してExcelを操作するデモムービーが公開されています。


トピックを入力してAPIを実行すると……


入力したトピックにあったヘッダーが自動で補完されました。


テーブルの内容も自動で補完することができています。


Wikipediaで使用するブラウザ拡張機能のデモムービーが以下。


Wikipediaの「パン」のページを開いて「パンはなぜふわふわなの?」とAPIを実装した拡張機能に入力すると…


ページ内を検索し、質問に対する答えにあたる箇所が抽出されました。


「ディスクの容量はどれくらい?」という質問を通して、ディスクの空き領域を表示する「df」コマンドを実行しているデモまであります。


今回OpenAIがリリースを決めたAPIは、十分な研究開発資金を確保するため、商品として販売される予定。また、AIをオープンソースにするのではなくAPIでリリースする理由については「研究資金を確保するため」「大規模なAI基盤を小規模な組織にも提供するため」「技術の誤用への対応を容易にするため」とOpenAIはコメント。言語モデルのGPT-3がバイアスを持っていることはOpenAIも認めており、ユーザーと協力して研究を進めていくと語られています。

なお、OpenAIのAPIは記事作成時点ではベータ段階であり、無料で利用することが可能。下記ウェブサイトから申請を行うことで利用することができます。

OpenAI API Waitlist
https://forms.office.com/Pages/ResponsePage.aspx?id=VsqMpNrmTkioFJyEllK8sx3ELsv0PEhHphhNz30FttVUNkYwTlNPMVI1V0lXNjExMlExUlc4SE5YSS4u

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
あまりに高精度のテキストを作り出してしまうため「危険すぎる」と問題視された文章生成言語モデルの最新版「GPT-3」が公開 - GIGAZINE

「危険すぎる」と話題の文章生成AI「GPT-2」の最新版がリリース、実際に使えるデモサイトも登場 - GIGAZINE

「危険すぎる」と言われたAIの自動文章作成ツール「GPT-2」のモデルが新たに公開へ - GIGAZINE

AIによる自動文章作成ツールがあまりにも高精度のテキストを簡単に作り出してしまうため開発陣から「危険過ぎる」と問題視される - GIGAZINE

めちゃくちゃ精度が高いと話題の機械翻訳「DeepL翻訳」に日本語の翻訳機能が登場したので実際に使ってみた - GIGAZINE

in ソフトウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.