メモ

中国当局が武漢市の全住民1100万人にPCR検査を実施予定、新たな集団感染の疑いにより


2020年4月初旬に都市封鎖が解除された中国・武漢市で、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の新たな感染者が報告されました。このことを受け、中国当局が「武漢市の全住民1100万人に対してPCR検査を実施する」という計画を進めていると報じられています。

武汉市卫生健康委员会
http://wjw.wuhan.gov.cn/ztzl_28/fk/tzgg/202005/t20200510_1301254.shtml

头条文章
https://card.weibo.com/article/m/show/id/2309354503713560527121

Wuhan, China, Reports New Coronavirus Cases : Coronavirus Live Updates : NPR
https://www.npr.org/sections/coronavirus-live-updates/2020/05/11/853731869/wuhan-reports-new-covid-19-cases-the-first-in-more-than-a-month

中国・武漢市はCOVID-19が最初に確認された都市で、他の地域に先駆けてCOVID-19が流行した都市でもあります。COVID-19のまん延のため、中国当局は2020年1月23日に武漢市を都市封鎖しましたが、4月8日に封鎖を解除。それ以降、武漢市民は自由に市外に出ることのできる状態でした。

しかし、5月10日に武漢市内の団地に住む89歳の男性の感染が確認され、重症だと判明。さらに、問題の男性の妻を含む同団地の住民5名から陽性反応が検出され、感染しているものの症状が現れない「無症状病原体保有者」だと診断されました。6名の感染者は武漢漢市が属する湖北省において35日ぶりの感染者と認定され、感染対策を怠ったとして同地区の共産党責任者が解雇されました。


中国国営メディアによると、中国当局は武漢市内の自覚症状のない無症状病原体保有者を洗い出すために、武漢市の全市民1100万人を対象としたPCR検査を計画しているとのこと。この検査は10日間にわたって武漢市内の各地区ごとに実施される予定で、新たに感染者が発見された団地では住民約5000人全員の検査がすでに行われています。

武漢市の一件に限らず、中国当局は新たな感染報告に対して迅速かつ大規模な対策を実施しています。5月9日に吉林省舒蘭市で新たに11人の感染が確認されたため、中国当局は24時間以内に警戒レベルを最も高い「高リスク」に引き上げ、舒蘭市の居住区域の封鎖、不要不急の外出の禁止、学校閉鎖などの事実上の封鎖といえる措置を執っています。

動画:舒蘭市の感染症リスク等級、「中」から「高」へ 中国・吉林省 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News
https://www.afpbb.com/articles/-/3282658

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスの感染力は「発症前が最も強力」だと判明、感染者の半分が発症前の人からウイルスをうつされている可能性 - GIGAZINE

新型コロナウイルスの回復者が免疫を獲得しているかは不明とWHOが警告 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症が2019年12月にフランスですでに広まっていたという研究結果 - GIGAZINE

新型コロナウイルスのワクチンや治療薬の情報を盗むサイバー犯罪が急増、アメリカ当局は名指しで中国を非難する見込み - GIGAZINE

中国が新型コロナウイルスの研究機関に大規模なハッキングを仕掛けていることが判明 - GIGAZINE

in Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.