メモ

新型コロナウイルスの感染者数が1週間で6倍以上に、各国専門家が被害拡大を予告するも中国は「アメリカがパニックを広めた」と回答

By _freakwave_

2020年2月3日、中国国内で確認された新型コロナウイルスの感染者が1万7000人を突破しました。一週間前の1月27日に確認された感染者は約2700人だったため、わずか1週間で感染者数が6倍に増加したことになります。この事態について、「まもなく世界保健機関(WHO)がパンデミック宣言を出す」「感染者数は7万5000人を超えている」といった見解も登場しています。

New Research Estimates 75,000 People in Wuhan Are Infected With Coronavirus
https://www.sciencealert.com/new-study-estimates-75-000-people-in-wuhan-infected-with-coronavirus

Wuhan Coronavirus Looks Increasingly Like a Pandemic, Experts Say - The New York Times
https://www.nytimes.com/2020/02/02/health/coronavirus-pandemic-china.html

China to allow in U.S. health experts as virus shows no sign of slowing - Reuters
https://www.reuters.com/article/us-china-health/china-accuses-u-s-of-whipping-up-panic-over-virus-as-stocks-tumble-idUSKBN1ZX00T

厚生労働省の2020年2月3日付けの発表によると、中国で確認された感染者の数は1万7205人、死亡者は361人になりました。1月27日の感染者・死亡者数はそれぞれ2744人・80人だったため、感染者の数は約6.3倍、死亡者の数は4.5倍に増加しています。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年2月3日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09290.html


モナシュ大学感染症疫学科のアレン・チェン教授は、新型コロナウイルス感染者が「重病化」するケースとして、ウイルス血症肺炎敗血症・その他の合併症を挙げました。2月3日時点の感染者数・死亡者数から算定すると、新型コロナウイルスの致死率は約2.1%ですが、チェン教授は「実際の死亡率は不明」と述べています。

新型コロナウイルスの現状から、各国の専門家が悲観的な予測を発表しています。香港大学のガブリエル・レオン教授は2020年1月19日までに得られた症例数や武漢とその周辺都市の検疫の影響を分析することで、「新型コロナウイルスの感染者数は7万5815人」と推定。この結果から、中国の主要都市で「アウトブレイク」が生じているという見解を示しました。

Nowcasting and forecasting the potential domestic and international spread of the 2019-nCoV outbreak originating in Wuhan, China: a modelling study - The Lancet
https://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140-6736(20)30260-9/fulltext


アメリカの国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウシ所長も悲観的な予測を発表した研究者の1人。ファウシ所長は2月2日、ニューヨーク・タイムズに対して「新型コロナウイルスは非常に、非常に伝染性が高く、ほぼ確実にパンデミックになるだろう」と述べました。パンデミックは日本では「世界的大流行」「感染爆発」とも訳される事態で、WHOはパンデミックについて「新しい病気が世界的に流行している状態」と定義しています。

新型コロナウイルス流行に関して、WHOは1月22日・23日には「緊急事態には当たらない」と判断していましたが、1月31日に「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」だと宣言。記事作成時点では、WHOは新型コロナウイルス流行がパンデミックに値するという判断はしていません。アメリカ疾病予防管理センターで理事を務めていた経歴を持つトーマス・フリーデン氏は、「新型コロナウイルスが封じ込められるということはありえそうもない」とコメントしています。

また、WHOの「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言を受けて、2020年2月2日、アメリカ国務省は渡航警戒レベルを最高レベルに引き上げ、中国への「渡航禁止」措置を打ち出しています。

China Travel Advisory
https://travel.state.gov/content/travel/en/traveladvisories/traveladvisories/china-travel-advisory.html


これに対して、WHOのテドロス・アダノム事務局長は「渡航禁止措置は不要」とコメントし、中国外務省は「WHOは渡航制限を回避するように呼びかけているにも関わらず、アメリカは逆の道を歩んでいる」という談話を発表しました。重ねて、中国外務省は2月3日に「WHOの勧告に反して中国に対して不要/過剰な制限を課した」「絶え間なくパニックを生産して広げた」と答弁の中で回答し、韓国、日本、イギリス、フランス、トルコなど、今回の緊急事態に際して中国に支援を行った各国に対しては謝意を表明しています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスはどのくらいの勢いで広がっているのか?今後の感染拡大は? - GIGAZINE

新型コロナウイルスの感染拡大でWHOがついに緊急事態宣言を発表、同時に冷静な対応を求める - GIGAZINE

「新型コロナウイルスのワクチンはいつできるのか?」など専門家が5つの質問に回答 - GIGAZINE

市販されている手術用マスクで新型コロナウイルスを防ぐことができるのか? - GIGAZINE

感染症を広めまくる「スーパー・スプレッダー」とはどのような人なのか? - GIGAZINE

in メモ, Posted by log1k_iy

You can read the machine translated English article here.