サイエンス

新型コロナウイルスの「非常に重要な発見」に関わる研究者が殺害される、容疑者は自殺


新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の研究で「非常に重要な発見を目前にしていた」とされる研究者が銃で複数回撃たれて死亡したことが判明しました。

Pitt mourns med school research professor Bing Liu, who was found shot to death | University Times | University of Pittsburgh
https://www.utimes.pitt.edu/news/pitt-mourns-med-school

Police: ‘Zero Evidence’ Murder Of Pitt Researcher Close To ‘Making Very Significant Findings’ On Coronavirus Was Related To His Work – CBS Pittsburgh
https://pittsburgh.cbslocal.com/2020/05/06/university-of-pittsburgh-coronavirus-research-murder-suicide/

Department Mourns the Passing of Dr. Bing Liu | Computational & Systems Biology
https://www.csb.pitt.edu/department-mourns-the-passing-of-dr-bing-liu/

Bing Liu: University of Pittsburgh professor killed in apparent murder-suicide, officials say - CNN
https://edition.cnn.com/2020/05/06/us/university-of-pittsburgh-professor-killed/index.html

ピッツバーグ大学の准教授であるBing Liu博士(37歳)が、2020年5月2日(土)の午後、自宅で体に何発も銃弾を受けた姿で死亡しているのが見つかりました。

ロサンゼルス警察によると、Liu博士を撃ったのはペンシルベニア州アレゲニー郡の監察医であるHao Gu容疑者だと見られており、Gu容疑者はLiu博士の殺害後に自分の車に戻って自殺したとのこと。


検死の結果、Liu博士は頭・首・胴体などを複数回撃たれたことが判明しています。殺害が起こった当時は天気がよく、Liu博士は中庭のドアを開けっぱなしにしており、妻は不在だったとのこと。

ロサンゼルス警察は2人が顔見知りであったことを明らかにしており、殺害が「親密なパートナーに関する争い」の結果だったとみています。警察は「この悲劇がピッツバーグ大学での仕事や、アメリカと世界が直面する健康上の危機に関係する証拠はない」とも発表しています。

MEDIA ADVISORY
ROSS POLICE DEPARTMENT

FOR IMMEDIATE RELEASE: May 6, 2020

Our investigation of the circumstances...

Ross Township Police Departmentさんの投稿 2020年5月6日水曜日


また、死亡した2人はアメリカ国民ではなかったため、調査は連邦当局が行うとロサンゼルス警察は述べています。

Liu博士はシンガポール国立大学でコンピューターサイエンスの博士号と学士号を取得した後、2014年からピッツバーグ大学で研究を行い、直近ではSARS-CoV-2感染と合併症の根底にある細胞メカニズムについて、重要な発見をする間近だったとのこと。大学は「彼を失ったことは科学コミュニティ全体を通して感じられるでしょう。私たちは、彼の科学的卓越性への敬意を示すべく、研究を完遂させる予定です」と述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
新型コロナウイルスのワクチン開発にはなぜ年単位の時間が必要なのか? - GIGAZINE

中国が新型コロナウイルスの研究機関に大規模なハッキングを仕掛けていることが判明 - GIGAZINE

新型コロナウイルス感染症についての議論は「科学と政治の区別がなくなっていて危険」という主張 - GIGAZINE

「新型コロナウイルスの流行は5Gが原因」という陰謀論はなぜここまで広がったのか? - GIGAZINE

新型コロナウイルス研究のために爆速資金提供を受けた研究者リスト - GIGAZINE

in サイエンス, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.