メモ

「手洗い」と「社会的距離」をずっと継続させていくことは可能なのか?


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の対策として、人との距離を2メートルあける「社会的距離」を取ったり、手洗いをマメに行ったりする人も増えています。わずか数週間でかつてないほどに人々の行動が変化していますが、一方で「コロナ疲れ」という言葉も聞かれるようになっています。人々の行動の変化は今後も続いていくのか、続けられるものなのかについて、研究者が見解を述べています。

Hand-washing and distancing don't have tangible benefits – so keeping up these protective behaviors for months will be tricky
https://theconversation.com/hand-washing-and-distancing-dont-have-tangible-benefits-so-keeping-up-these-protective-behaviors-for-months-will-be-tricky-136457

カーネギーメロン大学の心理学教授であるグレッチェン・チャップマン氏とジョージ・ローウェンシュタイン氏は、健康に関する人々の行動の変化について研究を行っています。2人の研究者は、手洗いや社会的距離戦略が今後続くかどうかについて、「手を洗ったり2メートルの距離をあけたりといった行動は難しくないものですが、人々が自分自身の行動の利益を『実際に見る』ことができないのが問題です」と述べています。


手洗いや社会的距離の確保は人々に不便や絶え間ない警戒を強います。そして行動のコストはその場で生じますが、利益は遅れて現れます。加えて、行動によって得られる利益は目で見たり、触ったり、感じたりできるものではありません。これまでの衛生対策が成功してきていることが既に、研究者にとっては「驚き」とのことです。

◆なぜ利益が見えにくいのか?


コロナウイルスに感染する確率のような小さな確率のことになると、例えば1000分の1から100万分の1になるといった劇的な確率の変化にさえ鈍感になってしまい、それを利益と見なせない可能性が示されています。

例えば、ある研究では、人は農薬リスクを「1万分の15から1万分の10にする」ことよりも、「1万分の5から1万分の0にする」方に、より多くのお金を支払うことが示されています。また、「病気のリスクを20%から10%に下げるワクチン」よりも「10%ある病気のリスクを完全に排除するワクチン」の方が人にとって魅力的に映ることや、「70%の予防効果がある」という言葉よりも「報告されている70%の症例に100%効果がある」という言葉の方が魅力的であることも示されています。ここからわかるのは、実際にはリスク低減が同じであっても、人は「リスクをゼロにする」のでない限り熱心になれないということ。

しかし、手洗いを行い、マスクを着用し、食品の包装を消毒したとしても、COVID-19の感染リスクをゼロにすることはできません。リスクを排除できないことを、人々が今後持続することができるという考えに研究者は疑問を持っているわけです。

◆利益がわからないことの影響


ウイルスは目に見えないため、手洗いで実際にウイルスを排除できたのかどうかはわかりません。病気にならないのはウイルス予防がうまくいっているためですが、だからといって「対策をしていなかった時に病気になったのか」を知ることは不可能です。過去に行われたうつ病研究では、症状の改善した患者は薬の服用をやめ、再発しやすいことが示されています。これと同様に、全体的な感染率が低下すれば、「自分の犠牲は必要ないものだった」と考えて、多くの人が手洗いといった対策を取らなくなることが考えられます。

これらの問題し、考えられうる対策として、研究者は「個人の意志決定を排除した方法」を上げています。要するに、スーパーに入る人数を制限したり、入店前に消毒することを義務化したりしてしまうのです。このため、政策決定者が企業に対し「お店を開店するのであればこういう方法を取ること」と定めたり、人々に対して公共の場ではマスクの着用を求め、ルールを守らない人には軽い罰を設けたりすることが求められています。たとえ小さな罰であっても、人々の行動には大きな影響を与える可能性があると研究者は述べています。

行動の変化が長く維持されればされるほど、それらは習慣になり、「メリットが目に見えにくい」という問題を克服する可能性が高くなると、研究者は述べました。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
抗菌・殺菌成分が入った「薬用石けん」は益どころか害になるおそれ - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策には「石けん」がアルコール消毒液より効果的である理由とは? - GIGAZINE

「手洗い」が重要だと一目で理解できる実験画像がSNSに投稿されて話題に - GIGAZINE

新型コロナウイルス対策はとにかく「手洗い」に尽きるとWHOが様々な噂をメッタ斬り - GIGAZINE

トイレの後にちゃんと手を洗う人はたった5%、正しい手洗いの方法とは? - GIGAZINE

in メモ, Posted by logq_fa

You can read the machine translated English article here.