ハードウェア

WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明


大手HDDメーカーであるWestern Digital(WD)のNAS用HDDシリーズ「WD Red」の記録方式が、モデルチェンジの際にランダムライトアクセスに不向きとされるSMR方式に表記なく変更されており、WD Redシリーズを用いたRAIDの再同期に問題が生じるケースがあるとストレージに関するニュースサイト「Blocks & Files」が報じています。

Western Digital admits 2TB-6TB WD Red NAS drives use shingled magnetic recording – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/14/wd-red-nas-drives-shingled-magnetic-recording/

Seagate 'submarines' SMR into 3 Barracuda drives and a Desktop HDD – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/15/seagate-2-4-and-8tb-barracuda-and-desktop-hdd-smr/

Shingled hard drives have non-shingled zones for caching writes – Blocks and Files
https://blocksandfiles.com/2020/04/15/shingled-drives-have-non-shingled-zones-for-caching-writes/

SMRはトラックを重ね合わせてデータを記録する技術で、HDD容量を増大させられる代わりにデータの書き換えが非効率であり、SMRを採用したHDDは頻繁にデータを書き換える用途には適していないとされています。SMRについては、以下の記事を読むとその仕組みがよくわかります。

ついに容量5TBのハードディスクが2014年に登場、2020年には20TBへ - GIGAZINE


ある日、ネットワーク管理者のアラン・ブラウン氏がWD製のHDD「WD40EFAX」をRAIDアレイに追加しようとしたところ、エラーが発生しHDDをRAIDアレイに追加することができなかったとのこと。NASメーカー「Synology」のフォーラムにも2019年に同様の問題が報告されていました。

ブラウン氏は問題の原因がSMRにあると推測。SMRではランダムライトアクセスに関する問題への対応として、プラッタの外周部にCMRで記録するキャッシュ領域を設け、HDDがアイドル状態時にキャッシュ領域から通常の領域へデータを書き込む仕組みを採用しています。数十GBから数百GBのデータを書き込む際は問題になりませんが、RAIDの再同期など大量のデータを書き込む場合は、キャッシュ領域からデータがあふれ、書き込みに問題が生じる場合があるとのこと。

過去の報告例で、WDのサポートは「SMRとCMRのどちらを採用しているかは答えられない」と回答していたので、ブラウン氏はWDに直接メールで問い合わせてみたとのこと。すると「WDの20TBのHDD以外は、CMRに基づいている」とWDは回答。しかし、ブラウン氏がSynologyの公式互換性リストを確認してみると、WD製の6TBのHDDがSMRを採用していると表記されていました。


ブラウン氏やSynologyのフォーラムなどの情報をまとめ、Blocks & FilesがWDに報告したところ、WDから「現在は、WD Redシリーズの2TBから6TBのモデルには、SMRが採用されている」という回答が得られたとのこと。WD Redシリーズの前モデルはCMRを採用していましたが、最新モデルではSMRを採用していたことが判明しました。WDの公式ページには「WD RedシリーズはハイパフォーマンスなNASストレージを構築する顧客のためのソリューションを提供する」と記載されていますが、WD Redシリーズの一部HDDの記録方式がSMRに変更されていた事実は、WDの公式スペックシートには記されていなかったそうです。

by Chris McClanahan

WDのテストでは、SMRによるRAID再同期に関する問題は見つからなかったとのこと。WDはBlocks & Filesの報告に対し「個々の状況に応じて、より詳細な情報が必要です」とコメントしています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
WD Redの10TBモデルHDD「WD100EFAX」&「WD101KFBX」が登場、大容量ヘリウムモデルは低価格化へ - GIGAZINE

SeagateがHDDのパフォーマンスを倍増させるマルチアクチュエータ技術を発表 - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2019年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

新しいHDDを使用する時に執り行うべき「儀式」とは? - GIGAZINE

Western DigitalのNAS「My Cloud」にバックドアが存在し誰でも内部にアクセス可能だったことが判明 - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.