ハードウェア

NAS向けHDD「WD Red」の記録方式をこっそり変更した件についてWDが釈明


大手HDDメーカー「Western Digital(WD)」が製造するNAS向け製品「WD Red」シリーズの記録方式がこっそり「SMR」に変更されていた件について、WDが見解を公式ブログにて公開しました。この見解について、ネット上では批判的な声があがっています。

On WD Red NAS Drives - Western Digital Corporate Blog
https://blog.westerndigital.com/wd-red-nas-drives/

On WD Red NAS Drives | Hacker News
https://news.ycombinator.com/item?id=22935563

HDDの記録方式のひとつであるSMRは、データの書き込み密度を高めることでHDDの大容量化を実現した技術。データの書き換えに弱点があり、一般的にはアーカイブなどの変更が少ないデータを保存するHDDに採用されます。WDのNAS向けラインナップである「WD Red」シリーズにおいて、以前から「RAIDの再同期に問題が生じる」ケースが報告されており、ストレージに関するニュースサイト「Blocks & Files」が調査した結果、モデルチェンジと同時に記録方式がSMRにこっそり変更されていたことが判明しました。

WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明 - GIGAZINE


この問題について、WDは2020年4月20日付で見解を公式ブログにて公表。「最近、一部のWD Redシリーズの記録方式について議論がなされています。この件について、誤解を生んだことを謝罪し、ドライブについての議論と追加の情報を提供させてください」と前置きしています。

WDによると、WD Redシリーズは小規模な企業や家庭でのNASに適しており、厳格なテストを行った上で主要なNASメーカーからも認証を得ているとのこと。SMRについても、個人やビジネスにおいて膨張していくデータ容量に対応することが可能だと証明されているとWDは説明しています。


WD Redシリーズに採用されているSMRは、ドライブが自身でデータの書き込みをコントロールするDMSMRと呼ばれる方式で、HDDを挿入したホスト側がコントロールする方式よりも効率が高いとのこと。また、小規模な企業や家庭でのデータ操作はデータを書き込み続けることは少なくアイドル時間があるので、DMSMRがバックグラウンドで書き込みを管理する余裕があり、最適なパフォーマンスを維持できるとWDは述べています。

また、WD Redシリーズの信頼性についても言及。WD Redシリーズは世界中の小規模な企業や家庭のNASにおいて長年の信頼を得ており、そうした評判があるがゆえに、WDの想定した用途をはるかに超える負荷でHDDを使用しているケースもあることを理解しているとWDは説明しています。データ容量の大きい連続した読み書きを行う場合は、WD Redシリーズのパフォーマンスが利用者の想定よりも悪くなるという報告も認識しており、パフォーマンスに不満がある場合はWD Red ProシリーズやWD Goldシリーズといった、集中的な読み書きを想定したドライブを使うよう推奨しています。


このWDの見解に対し、ネット上では批判的な意見が数多く寄せられました。Hacker Newsのコメント欄には「問題なのはSMRの技術ではなく『大容量のWD Redや従来モデルにはSMRが採用されていない』点であり、それを意図的に隠していたことだ」というコメントや「SMRを採用した他のWD製HDDは、SMRを採用していることをOSに通知しているが、WD RedのHDDは通知しないように設計されている」といったコメント、中には「名称を『WD Pink』に変更すべきだ」といったコメントも投稿されています。

他の大手HDDメーカーであるSeagateや東芝も、表記なしでSMRを採用していることが判明していますが、東芝はBlocks & Filesの問い合わせを受け、SMRを採用しているモデルを詳細に公表しており、Seagateも自社のNAS用ラインナップであるIronWolfなどには非公開でSMRを採用することはないと発表しています。

なお、ストレージ製品の製造、販売を行うiXsystemsフォーラムには、現在判明しているSMRを採用したHDDのリストが公開されています。

この記事のタイトルとURLをコピーする

・関連記事
WDのNAS向けHDD「WD Red」の記録方式が「RAIDに不向き」な仕様にこっそり変更されていたことが判明 - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2019年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

HDD故障率のメーカー・モデル別統計データ2018年版、故障率が最も高かったのは? - GIGAZINE

新しいHDDを使用する時に執り行うべき「儀式」とは? - GIGAZINE

WD Redの10TBモデルHDD「WD100EFAX」&「WD101KFBX」が登場、大容量ヘリウムモデルは低価格化へ - GIGAZINE

in ハードウェア, Posted by log1n_yi

You can read the machine translated English article here.